東横イン中部国際空港の朝食は修羅場

第5回 ソウル江南COEX 二泊三日 一人旅

眠れたのはそんなに早くはありませんでしたが、緊張のためか朝は6時半には目覚めました。

軽く身支度をして1階ロビーにある朝食レストランへ出かけます。

エレベーターがすごい混雑

私の部屋は13階で最も上のほうだったので、乗る時はすんなり乗れました。

しかし、途中途中で乗ってくる乗ってくる。すべて中国人です。

重量オーバーになってピーピーなろうと乗ってきます。

そしてボタンをがんがん押します。

だいたい中腹7階くらいで満員になるので、それより下の階の人はいつまでたってもエレベーターに乗れないんじゃないかと心配してしまいます。

乗っているときのマナーもひどいです。

上に行くというのに下に行きたい中国人が強引にのりこんできて、上の階に止まるボタンを再度押しして消そうとしてるのには閉口しました。。

乗る時に待っていてあげても「すみません」とか、会釈もないですし。画期的。

降りる時も「すみません、降ります」とかなく強引に手で人をどけておりてました。。。

ただ、救いは、若い年代の子です。
会釈したり英語でエクスキューズミーとか言ってくれました。

attention-for-china

そこらじゅうにこういった注意書きが貼ってあるのですが、中国語オンリーです。
日本語も英語もありません、中国人だけに向けたメッセージです。

中国語はわかりませんが「マナーを守って」「お静かに」といったことが書いてあるのがわかりますね。

ただただ、カルチャーショック、これを日本で体験してしまえる世の中になったのだなということですね。

修羅場!朝食モーニング

ホテルは朝食ビュッフェ付きですが、中国人が多くてすごいというレビューを見ていたので覚悟していきました。

覚悟はしていましたが、想像以上にすごかったです。

b20151218_065319

大混雑。

私はこんな朝食ビュッフェを見たことがありません。

料理をとるのは並んで並んで一苦労。

次から次へと横入りしてくるし、後ろがつかえているという配慮がまったくなくマイペースで食事をとっていく方々なのでなかなか前に進めません。

b20151218_071741

ほぼ全員中国人です。中国語しか聞こえてきません。完全にアウェイです。

ごったがえして座る場所もありません。無造作に椅子を利用しています。

そんな中、なんとか食事をゲットしました。

東横インのモーニングの内容

無料ということもあるのか、あまり充実していませんでした。

それでも朝のお腹を満たすには十分ではあるのでありがたくいただきます。

bDSC05210

パンと卵、サラダ、私は食べませんでしたが他にサラミハムのようなものがありました。

飲み物はアセロラドリンクのようなものとコーヒー。

スープのようなものもありましたが、なにかぐちゃぐちゃと混ぜ返す人がいたので食欲が失せました。。

戦場のような朝食ビュッフェでがんばって働いている日本のお母さんたちがけなげでした。

座る場所は窓際がベスト

bDSC05212

なんとか窓際カウンターに開いている椅子一つを見つけて座ります。

朝日が綺麗ないい場所でした、ここで人心地リラックスして朝食をとれました。(おかわりする気にはなりませんでしたが)

海沿い?湖?のようなものが眼前にあるのですが、散歩をしている人の姿も見られました。たぶんその方たちも中国人です。

部屋に戻って身支度、窓からの眺めは

bDSC05216

朝は少々雲が見えましたが、日差しが入ってフライトには全く支障ないよい天気だと思いました。

bDSC05215

もう少し時間があったら飛行機を飛び立つところをゆっくり眺めていたいところですが、出発の支度です。

とはいえ、ホテルは空港の目の前、前日にスマホからモバイルチェックインをしているので、フライト1時間前の8時半までにチェックインカウンターにいけばいいのでゆとりがあります。

タイトルとURLをコピーしました