韓国『Wi-Fiルータ』&『無制限データSIM』LINK KOREA(リンクコリア)使ってみた感想

旅の持ち物

この記事は、2017年12月の旅行で、LINK KOREA(リンクコリア)さまより、韓国『Wi-Fiルータ』と『無制限データSIM』を試用ご提供いただいたことに関するタイアップ記事です。
LINK KOREA(リンクコリア)

韓国旅行にWi-FiルータまたはSIMは必須

韓国旅行を有意義に過ごすためには、スマートフォンの地図アプリなどの利用は不可欠!

これがないと道に迷って無駄な時間を過ごすことになります。

LINEやカカオトークなどで日本や現地の人と連絡を取り合うのにも必須。

韓国はインターネット先進国ですが、旅行者が外で使えるWi-Fiスポットは限られています。
またホテル・ゲストハウスは無料でWi-Fiが使用できるところも多いですが、セキュリティの面で心配は否めません。

携帯会社のローミングサービスもありますが、料金が割高です。

いままで私は日本から借りられるWi-Fiルータ(韓国DATA Wi-Fiルータ)をレンタルしてきましたが、現地で借りるほうがさらに割安です。

LINK KOREA(リンクコリア)について

公式ホームページはこちら
LINK KOREA(リンクコリア)

現在、英語と中国語のみですが、日本語ホームページは準備中で近日完成予定だそうです。
日本語が流暢な従業員さんがいます。

料金は

  • データ無制限Wi-Fiルータ:1日 5米ドル
  • データ無制限SIM:5日 25米ドル

どちらも1日当たり日本円で約540円です(2018年2月現在)

その他の料金オプションは公式サイトでご確認ください。

予約方法

公式ホームページからメールで予約可能です。

レンタルの流れ

予約すると、『バウチャー(予約確認表)』をメールで返送してもらえます。

こちらを印刷、またはスマホのスクリーンショットを用意しておきます。(オフラインでも確認できるように)

空港カウンターで

仁川空港に到着したら、バウチャーの中に書かれているカウンターに向かいます。

↓カウンター受け取りの体験談はこちら

↑上の画像は2017年12月現在のカウンターです。2018年2月より、仁川空港はターミナル2が出来、場所が変わる場合がありますのでご注意ください。

KTのカウンターで受け取ります。
Wi-Fi、SIMのカウンターは各社ありますので、間違えないようにご注意(間違えても、「Ktはあちらです~」と言われるだけですが^^)

日本の銀行の待合室みたいに、受付表をとって並びます。『Rental(借りる)』と『Return(返す)』がありますので、借りる場合は『Rental』ボタンを押します。
写真のように、受付の人が横に立っている場合もあります。

番号はモニタに表示されますので、呼ばれたら並びます。

  • 空港カウンターは簡単な日本語や英語が可能です。
  • 24時間受付ているので朝早く、夜遅くも安心

受け取りのときにクレジットカードを提示します。
このときは決済ではなく、身分証明のための認証です。

今回はここでルータをお借りしました。

※空港カウンターでSIMを借りる場合は、自力で設定しなければなりません。

↓Ktモバイルで音声通話SIMをレンタルした時の体験談はこちら

リンクコリア事務所で

『弘大入口(ホンデイック)』駅近くにある事業所で直接レンタルも可能です。

本社事務所移転のお知らせ

『LINK KOREA(リンクコリア)』さんは、2018年12月19日から事業所が移転されました

新所在地:2F, 22-12, Sinchon-ro 4-gil, Mapo-gu, Seoul
(ハングル) 서울특별시 마포구 신촌로4길 5-22
(弘大入口駅5番または7番出口から徒歩3分)
営業時間 09:00~18:00 (ランチタイム 12:00~13:00)

↓以下の内容は、旧住所に訪問した体験談です

事業所で申し込む場合は、SIMの設定もその場でやってもらえます。

日本語ができる担当者さんもいます。

LINK KOREA(リンクコリア)の『Kt Olleh Wi-Fiルータ』

OllehのWi-Fiルータは赤いカワイイケースに入っています。

充電器もコンパクトに収まります。
1回充電すると6時間以上持ちます。

私は朝でかけて宿に帰るまでもちましたが、
電池持ちが心配な場合は適宜オンオフして使うと良いでしょう。

↑特筆すべきはサイズの小ささ、薄さです。
カードみたいに薄い!


(↑LGのルータは結構厚みがあります)

『Kt Olleh Wi-Fiルータ』の良い点

パソコン動画もサクサク

  • ノーストレス、快適

使っていることすら忘れるくらいです。
宿で動画とかも結構見ましたが、全く問題ありません。データ無制限。(CMで有名なイモトのWi-Fi等は、安いプランですとデータ制限があります)

  • 薄い、超小型

別の通信会社LGの無制限ルータと使用感は変わりませんが、サイズが薄くて小さいので持ち運びのストレスも少ないです。

  • (日本からのレンタルに比べて)安い!日割り計算

なにより日本でレンタルするより1日当たりの料金が安いのが魅力です。
また1日単位で料金が決まるので特に短期滞在におすすめ

『Kt Olleh Wi-Fiルータ』の、ここはちょっと

  • ケース若干かさばる

赤いケースがカワイイのですが、固めのケースなので、少しかさばります。
ケースは持ち歩かずキャリーバッグの中にいれたり宿において置くのがいいかも?

  • 返却忘れに注意!

ルータは返却しないといけないので、空港で返し忘れたら大変です。
私は実際に返し忘れました><

・・・といっても、特に不満な点はありませんでした。

『Kt Olleh Wi-Fiルータ』レンタルが向いている人

  • 3泊4日以内の旅行
  • できるだけルータを安く借りたい人
  • 小さなルーターがいい人
  • SIMを使えるスマホを持っていない人
  • 2回目以降の旅行

※初韓国旅行の場合、空港でのレンタルは少し不安があるかもしれませんので、日本で受け取り・返却ができるルータがおすすめです。
日本で受け取れてポストで返却、無制限ルータはこちら → 韓国DATA Wi-Fiルータ

LINK KOREA(リンクコリア)の『Kt 無制限プリペイドデータ プリペイドSIM』

今回は事業所で担当の方に設定までしてもらえたのでラクラク、何の苦労もナシでした。

私のスマホは格安スマホのフリーSIM携帯なので、SIMを差し替えて簡単な設定をするだけでOKです。
自分でできるなら空港で受けとりも可能です。

私がフリーSIMスマホを購入したのは最新機種が揃っている→ エキサイトモバイル

『Kt 無制限プリペイドデータ プリペイドSIM』の良い点

  • 荷物が増えない

ルータと違って荷物が増えないし、充電器もスマホの充電だけなのでシンプル!

私はパソコン必須の人間ですが、スマホだけでいい方はSIMだけのほうがいいですね。

  • テザリングで他の端末も使える

テザリング(スマホをルータとして使う)をしてパソコンにも接続しましたが、こちらもストレスなし、データ無制限なので安心です。
ルータとの速度の差は私は感じませんでしたね。
※SIMロック解除したキャリア端末(ドコモ、AU、ソフトバンク)は、テザリングが使えない場合があります。

  • 返却の必要ナシ

なによりも、データSIMの場合は返却の必要もないのが大きいです!
忘れて慌てなくて済みます。

  • 長期の旅行で安くなる

料金が5日25ドル、10日35ドル、30日65ドルなので、日程によってはルータよりかなりお値打ちです。

『Kt 無制限プリペイドデータ プリペイドSIM』ここがちょっと

  • 料金が5日からなので、短い旅の場合は割高。

短期の場合はWi-Fiルータのほうが日割りにできる分、割安です。

  • スマホがフリーSIM、または、SIMロック解除をしないと使えない

SIMロック解除の場合、テザリング(スマホをルータとして使う)ができない機種もありますので確認が必要です。

  • (ルータと違い)自分で差し替え、設定する必要がある

空港カウンター受け取りの場合は、原則自力でやらなければいけません
日本語のわかる担当者さんに全て設定してもらうためには、弘大入口の事業所まで行く必要があります。

(とはいえ空港カウンターでもトラブルになったら対応してもらると思いますし、設定自体は慣れればそれほど難しいものではありません。)

日本語のガイドブックももらえるので、それに沿って設定すればOK

『Kt 無制限プリペイドデータ プリペイドSIM』が向いている人

  • フリーSIM、SIMロック解除スマホを持っている人
  • 5日以上の日程で安く利用したい人
  • 荷物を少なくしたい人
  • 返却忘れが心配な人
  • 弘大入口に初日に行く予定の人(設定までしてもらいたい場合)

LINK KOREA(リンクコリア)使ってみたまとめ

  • SIM、ルータ、商品の品質には問題なし、最高
  • 価格は日本でレンタルするより安い
  • 特にデータ無制限SIMが良かった
  • 担当者さんの親切さに感動
  • 条件があえばぜひまた使いたい

今回、5泊6日で、ソウル・大邱(テグ)・昌原(チャンウォン)と車で旅しました。

全国をカバーしている通信会社KTなので、ルータ、SIMともにソウル以外の都市でも、全く問題なく使えました。

高速道路上でも、田舎道でも、長いドライブ中ずっとスマホ見ていても止まることなく、地図アプリもスイスイ現在地が表示されました。

ルータは使い慣れているので簡単につながりましたが、何より無制限データSIMがよかった!

テザリングできるSIMフリースマホと、無制限データSIMがあれば、ルータはもういらないかも?
とにかく何も気にしなくていい、持っていることを忘れるのがいいです。

今回日程が6日だったので、5日プランのSIMだと1日足りない計算になりますので、その辺は工夫が必要です。
次の旅から5日以上ならデータSIMオンリーで決まりです。

弘大入口は空港鉄道一般列車が止まる便利な駅で、激安の宿もあるので、時間があえば日程に入れてLINK KOEAさんで設定してもらうのもいいと思います。

特に日本語が話せる担当者さんには、私が返却忘れで不安だったときも親身になって対応してくださり、本当に感謝しています!

日本語ホームページの完成が楽しみです。
ぜひ、興味があったらチェックしてみてください。^^

LINK KOREA(リンクコリア)

タイトルとURLをコピーしました