ワンウェイゲストハウス釜山

第11回 ソウル~釜山 4泊5日

本日のお宿は、↓こちら

One Way Guesthouse Busan

1泊1500円ほどでした。

カフェのようなゲストハウス

釜山駅から徒歩1分ほどですぐに到着できるからすごく便利な場所です。

ワンウェイゲストハウス釜山 外観はこんな感じ

最初、カフェかと思って戸惑いました。

中に入ると、優しいイケメンの受付男性が親切に案内してくれました。(西洋人の場合もあり)

向かいはコンビニで便利です

注意事項

4階まで階段

お洒落で清潔感あるゲストハウスですが、一つ欠点があるとしたら、エレベーターがないことです。

私の部屋は4階でしたので、重い荷物をもって足で上がっていかねばなりません。

コンビニが目の前にあっても、行くのがちょっと面倒くさかったです。

地下のカフェスペースで食事

いつもコンサートの後は食欲がないのですが、今回は一段と食欲がなかったです。

今夜の食事

とりあえずお菓子みたいなものなら食べられるかな?と、アイスとポテチとカットフルーツを買ってきました。あとビール

部屋で食べてはいけないので、地下の団欒スペースに行きました。そこではロシア人がビリヤードをやっていたり、家族連れがプロジェクターのナショナルジオグラフィックチャンネルを見ていたりしていました。

私は一人、小さいテーブルで食べ始めたのですが、食がすすまないすすまない。。

韓国のハーゲンダッツは容器が深い

大好物のハーゲンダッツ(4500ウォンしました)も、残すという始末。私がアイスを残すなんてはじめてです。

・・・今にして思えば冷え切ったところにまたアイスを食べるというのは暴挙だったと思います。

同室の韓国人とお話し

ドミトリーの4人部屋のお部屋でした。私は下段が良かったのですが、先客がいたので上段になりました。

私の下のベッドの方が、韓国人でしたが日本語がペラペラでした。聞くと、Kinki Kidsのファンで日本語を必死で覚えたそうです。

日本人が韓国のチケットを買う事より、韓国人(外国人)が日本のチケットを買うほうが大変だと話していました。たしかにそうかもしれません。

私が韓国語で話すよりも、その方の日本語のほうが上手だったので、基本日本語で話していました。不思議な気分。

やっぱりファンになると語学学習がはかどるものですね。

歯磨き粉がない

共同のシャワールームもすごく清潔で、何も余分なものが置いていませんでした。それもあるのか、普通絶対にシャワールームにある、みんなで使う歯磨き粉、がありませんでした。

前述の韓国人も「あるのを当てにしてたのに~」と言っていました。

私は歯磨き粉がないならないでいいんですが、韓国人は下のコンビニまで買いに行きました。「買うのは問題ないんだけど、階段で下にいくのがめんどくさいです」と言ってました(笑)

韓国人が買ってきて「使いますか?」と言ってくれたので、お言葉にあまえて歯磨き粉を使わせてもらいました、結局使うんかい。

電気を消すと真っ暗

ドミトリーだと、たいていはベッドに一つずつ手元の明かりがあるのですが、このゲストハウスにはありませんでした。

よって一つ消すと真っ暗です。

ですが私には強い味方がある!

ペンラです!

ペンラの明かりをともして、消灯後をしのぎました。便利ですね、災害時にも役立つというペンラは一家に一本必須でしょう。

実は、出待ちのときに落としてヒビが入ってしまっています。この公式ペンラ、デザインは素敵ですがかさばるし壊れやすいしでなかなかに不評です。

釜山ワンウェイゲストハウスの動画

韓国 釜山駅 ゲストハウス 20190112

ザ・セムのパック

セブンティーンさんだそうです

明洞に行った時に、ブンダンオンニがザ・セムでコンシーラーを買った時にもらったパックをしてから寝ました。

ザ・セム明洞店はパックを配って強引に押し売りするなどの悪評が多いですが、韓国人と行った時には全くそんなことはなく、パックもレジでオマケでつけてくれたものです。

私はエチュードハウスのパックのほうが潤い多めで好きかな。(聞いた話によるとオマケのパックは成分をケチっているので製品より劣っているとか・・・?)

静かでよく眠れるゲストハウスでしたが、同室の人がひどくせき込んでいるのが気になりました。

One Way Guesthouse Busan

明日は、釜山観光です。体がとてもだるいです、疲れかな。

タイトルとURLをコピーしました