初のファンミ―ティング開催

第10回 ソウル 明洞 3泊4日 一人旅

こんなつもりじゃなかったのに。。

ファンミ開催のお知らせ

8月21日のことでした。
10月14日『アルバム発売記念ファンミーティング』の開催が発表されました。

それまでアルバムが発売されるということも公式には発表されていなかったので、それも合わせてびっくり。(出すことは知っていたけど)

年末コンサートには行く予定だったので、それ以前のイベントには行かないつもりでした。
年末コンサートはまだやるとも何とも発表されていなかったのですが、やるだろうという憶測の中で。。

行くつもりはなかったのですが

韓国の人からのカトク♪
「ファンミーティングきますよねー?」

日本人ベテランファンの方からの
「フィソンはファンミははじめてなんだから、迷う必要なし!行くべし!」

義務かーー

そうね、コンサートはコンスタントに開催しても、ファンミはめったにないものね。
しかも自分からアルバム発売記念ファンミと歌うからには相当気合いが入ってるに違いない。

しかと見届けようではないか

ということで行くことが決定。

グローバルサイトでのチケット販売

問題はチケッティングです。
チケットオープンは8月27日

当初はファンカフェ(フィレン)にて書き込みの先着順一人1枚という形で申し込むことになっていました。
一人一枚なので韓国の子に頼むわけにもいきません。

インターパークとYes24の一般発売でも購入できるとのことですが、本人認証が導入されてから外国人には買うことができなくなっていたので、ファンカフェのファン席に頼るしかありません。

ところが、別のファンカフェとの釣り合いの問題がいろいろありまして、すぐにファン席申し込みがなくなりました。

ということは、日本人(外国人)が正規に買う手段がなくなってしまったということです!

絶望の淵に立って、だめもとで運営の方にお願いしました。

「現在外国人はチケットを買う手段がありません、インターパークグローバルやYes24グローバルで買えるようにしていただけると助かるのですが。。」

すると、半日も経たないうちに

「ファンミも年末コンサートも、グローバルサイトで販売されることになりました~」

と返事があったんです

なんでも言ってみるもんだなぁ~と嬉しかったのもつかの間

つまり!自分で買わんといかんということ・・・

熾烈!チケッティング

モニター2画面のペンタブレット設置、クレジットカードも2種類用意して万全の待機です。

発売開始時刻の2時間前からパソコンの前にスタンバイ。
他の公演でチケッティングの打ち込み練習を念入りに行いました。

あっという間に時間が流れ、
30分前から以上に時間の進みが遅くなり
1分前から時計の秒針がカタツムリ並の速度になりました。。

そしてチケットオープン!

手、、手がぁ、、、手がぁ。。。

なんとペンを握る手が震えて全然画面が進められないのです。。

練習ではすんなりできたのに!

画面にたどり着いて、
席を握っては「すでに他の方が選択された席です」のメッセージ

リロードしていたら、
あっという間に

空席ゼロ

まーじーーーかーーーーーよーーーー(;;)

え?嘘、私いけないの???と目の前が真っ暗に。。
今までこんなに早かったことはありませんし、フィソンの公演が完売になったのを見たことがありません。
(こんなに手が震えたのも初めてだけど、、)

気を落ち着かせて、もう一つの販売サイト、Yes24の方を見てみます。

するとどうでしょう、結構な席が残っているじゃありませんか。
ここでまず一つ席を確保して一息入れます。

良い席じゃなくても、一つ確保できると気持ちが鎮まるのか手の震えがとまりました。

そしてインターパークとYes24を両方リロードしながら眺め、、

ときどきピョコっとまぁまぁの席が浮かびが上がってきます。

日付が変わる少し前に、手数料がかからないように複数確保している人が手放すからでしょうか。

譲渡で2列目に

席を取り換え取り換え、自力で3列目のはじのほうを確保していたのですが、
韓国の子から「もっと良い席があるから交換してあげる、今の席は私が譲渡してあげるよー」
と提案してもらえて、2列目の中央寄りの席にしてもらえました。

譲渡というのは、ファンカフェの中で、ファン同士の信頼において、定価以下でのやり取りでなされるチケット取引です。

良い席が出るとコンマ秒内に買い手がつきます(どれだけチェック早いの)

私が自分で譲渡に出してもよかったのですが、お金のやりとりなので慣れないと不安です。
韓国の子が全部やってくれるたので助かりました、、(自分が成長しないけど・・)

私のチケットは即座に売れて、10分もしないうちに取引成立していました。

いつも数万円単位のお金を立て替えてくれるので、有難いことです。
まあ私も日本公演のチケット代立て替えていますが・・(笑)
お互いが会うという前提で成り立っているので、信頼関係が大切ですね。。

ついでに前日公演も

ファンミの前日、小規模な合同コンサートでしたがこのようなイベントがありました。

軍浦ってどこ?という感じでしたが、ソウルからそれほど遠くないのでなんとか行けそうです。

チケットはまたも韓国の子にお願いしました。
「あんまりいい席じゃないけど、、」といいながらも結局交換してもらって4列目にしてもらえました。

飛行機は大韓航空マイレージで

飛行機は大韓航空往復2回分のスカイパスマイレージ(6万マイル)が溜まっていました。
今回はマイレージ使うのでタダ旅行♪と思っていたのですが

燃油サーチャージと税金で8140円は払わなければなりませんでした、、

もしも飛行機を変更したい場合は、3万ウォンで変更ができるようです。

それにしても大韓航空のマイレージは、韓国往復が3万マイルと厳しいですよね。
デルタは15000で半分でした。(以前)

スカイパスのクレジットカードでマイレージはつきますが、たった1%しかつかないので、3万マイル溜めるには300万円買い物をしなければなりません。。

実際には搭乗マイルも加算されますのでそれだけではありませんが、スカイパスのクレジットカードを愛用していますが、あまりにも率が悪くないでしょうか?

韓国への旅費は3万円前後と考えると、マイル=1円とも言えます。
そのくらいなら、もっと料率のいいクレカもありますよね?

というわけで、最近は↓こちらのクレジットカードを試しています。



年会費無料 Booking.comカード

Bookingで予約するとポイントバックされるし、ポイント交換の手間なく自動でキャッシュバックなのが良いです。

ホテルは明洞で

お次はどこに泊まるかを決めなくてはいけません。
Booking.comで探します。

今回、行くところは『軍浦』と『クァンナル』

軍浦の駅から会場への交通がいまいち不安でしたが、地下鉄4号線1本でソウルまで行けます。

クァンナルは行ったことがあります。

どちらも交通の便がいいのが『東大門歴史文化公園』駅なのですが
東大門はもう何度も宿泊しているので


https://map.konest.com/psubway

同じように便利な『明洞』に泊まることにしました。
コンサートはいつも遅く帰ってくるので、明洞なら遅くまでお店も開いてそうです。

そして選んだのがこちら
↓↓
フィルステイ明洞ステーション

ドミトリーとしてはちょっとお高めだけど、ロケーションも良さそうだし、清潔そうでこちらにしてみました。

新曲発表

チケットと航空券と宿泊が確保できたら、もう旅を待つだけです。
新曲が発表されたのは、渡韓前日の10月11日

その日のうちに曲が買えるのかなーと心配してましたが、無事購入できて、iPodに取り込み、渡韓中はず~っと聴いていました。

タイトルとURLをコピーしました