仁川空港第二ターミナル、都心空港チェックイン優先入口に入る

第10回 ソウル 明洞 3泊4日 一人旅

空港鉄道AREXを降り、仁川空港第二ターミナルのほうに向かいます。

出発便の案内。
時刻は4時半、私が乗る飛行機は7時発ですがすでに表示されていました。

結構距離があります、動く歩道を通って。。。

時間に余裕あるからいいですけど、ぎりぎりだと焦りますね。

ターミナルの建物に入ったとこ、出発はエスカレーターを上がります。

通信会社のカウンターがあります。帰りに返却が必要ならここで返します。
私は返却のいらないデータSIMなので手間なし。

看板を確認。

パイロットさまのようです、後ろ姿もカッコイイ。

上にあがったら一瞬外に出てみました。こんな風になってるんですね。

ターミナルの中、天井の波打つ感じが綺麗です。

見渡してこんな感じ

未来的なデザインと、木のナチュラルが共存してかっこいいです、

木のフロアー部分もあります。

都心ターミナルチェックイン専用通路へ

さて、中に入ります。

今回も私はソウル駅の都心空港ターミナルでチェックインを済ませているので、専用通路から入れます。
第二ターミナルでははじめてなので、どこかわかりませんでした。

かなり並んでいるカウンターも、このように並ばなくても済みます。

どこかわからなかったので、係員の人にこの紙を見せました。
チェックインの時にもらったものです。

「これはどこですか?」(韓国語)

「1B!」と、指さして言われました。

ここでした、なんて目立たない!秘密のとびらみたいなところでした。

乗務員・都心空港 と書いてあります。

一般の入り口はこちらです。
まだまだ都心チェックインされる方って少ないんですね。

全員が都心ターミナルでチェックインするようなことになったら、混んじゃうのかな?
まあないかもしれませんけど・・・

優先レーンで手荷物検査をして、パスポートのチェック、スイスイでした。

そんなわけで、免税店エリアにでてきました。時刻は4時50分。

ゆっくりきたせいですが、Arexが到着してからここまで約30分くらいかかりました。

タイトルとURLをコピーしました