軍浦コンサート前にEDIYA COFEEでカフェ

第10回 ソウル 明洞 3泊4日 一人旅
nfd

17時5分、一旦私達は会場の外にでてカフェへ向かいました。

軍浦文化芸術会館周辺

表玄関を降りた所。ドーンとそびえたっています。

木が赤く色づいて、、秋なんですね。
韓国で紅葉に気づきました。

横断歩道を渡った向こうに。。。

奇跡の4ショット?笑

宮廷女官のような恰好をした方がいらっしゃいました。
なにかに出演された方かな?

塾(学院)がいっぱい入っているテナントビル。
韓国は塾に行くのは必須の熾烈な受験戦争で有名ですね。
お金もばかにならないそうです。

横断歩道を渡った先にカフェがいくつかあるようです。

いくつもありすぎてどこに入ろうか行ったり来たりして結構歩きました。
喫茶店の多さは私の地元に似ています(笑)

ここは、満席になっていました。

4人のテーブルを一人で使ってパソコンしている人
中にはキーボードのようなもので作曲?している人までいました。

韓国はどれだけ居座っても非難する人はいません(たぶん)

EDIYA COFFEEへ、おごりの件

なんとか開いているテーブルを見つけてEDIYA COFFEEに入りました。

さて、先ほどの食事のときにブンダンオンニに奢ってもらった私

「カフェは私が奢るから」

と言っていましたが、その後もう一人のファンの人と合流し、今韓国人2人となっています。

二人とも奢ろう、うん挨拶のしるしもあるし、

と思うよりも素早く

ブンダンオンニがもう一人のファンの人に
「私は奢ってもらうことになってるからあなただけ自分で払ってね」

と言うんです。

えー~~~

そういうこと言えちゃう感じ?いや、合理的だけど、普通?
日本ではなかなかないですよね~~

ということで、ブンダンオンニのアメリカノと自分の分を会計。
現金で払ったのでいくらだったか忘れました。
1万ウォンくらいかな?

私は疲れていたので甘いものが飲みたかったです。

アイスチョコレト、つまりアイスココアです。
生(セン)クリームもたっぷり。

ファントークに花が咲きました。
内容はここには書けません(笑)

300という番組で知り合ったというお二人、そのときにもらったTシャツを持ってきていました。
コンサートのときに掲げるそうです(着はしない(笑))

私もこのTシャツ着て歩く勇気はないな・・・

そろそろコンサートの時刻が迫ってきたのでカフェを後にします。

時刻は6時半でした。

タイトルとURLをコピーしました