韓国ハナ銀行でファンカフェグッズのための銀行振り込み

旅行記

ソウルに到着して最初にするミッションは、銀行振り込みです。

ファンカフェのお金を韓国国内で銀行振り込み

時刻は14時40分頃、ゲストハウスを出て銀行へ向かいます。

銀行振り込みをする理由は、ファンカフェのグッズ(カレンダー)のための入金です。

本当なら(韓国人なら)申し込み期間中にお金を振り込んで、自宅に郵送されるのでしたが、日本人ということで特別に韓国入りの時に振り込んで、現地受け取りでOKしてもらっていたのです。

もちろん、日本から振り込んでも良かったのですが、日本からの送金は2500円以上かかってしまうので、韓国のファンカフェの運営者さんも気を遣って待ってくれました。

銀行振り込みは、今回が初めてではありません。

ゲストハウスを出て、銀行へ向かいます。

いつみても、デザインセンターの建物は不時着したUFOみたいでワクワクします^^

東大門はたくさん銀行があって便利

私が今回行ったのは、ハナ銀行です。

徒歩数分内になんでもあるので、本当に東大門に宿を決めて良かったです^^

↓コネストの地図はこちら

グッドモーニングシティのビルの隣で、ロッテリアのあるところです。

日本の銀行とちがって、入口はそっけない雑居ビルです。

ハナ銀行は2階

階段で上にあがりました。

入口はこんな感じです。

中はこんな感じ

韓国の銀行での銀行振り込みのやり方

日本と同じように、番号札をとって待ちます。
ただ、どの番号札をとっていいか分からない場合、たいてい人が待合コーナーにいますので

「チョー、、入金したいんですが~(イプクム ハゴシップンデヨ~)」というと、番号をとってくれます。

番号を呼ばれたら、カウンターに行きます。
韓国の銀行はカウンターに椅子があるので座ります。

同じように「入金したいんですが~」と言うと、振込用紙をくれます。

このとき、

振込先氏名
口座番号
入金額

をあらかじめ印刷しておいて、一緒に見せると話がはやいです。

振込先の名義が伏せてあってもOK

今回、ファンカフェのネット上では、振込先の方の名前が伏せてありました。

例 김*아 というように、一文字伏せてあったんです。

これで入金できるのかイマイチ不安でした。

窓口のお姉さんに「名前のこの部分わかりますか?」といわれ
「わからないんですよ・・・」と答えると

パソコンをカチカチっとやって、伏せてある文字の部分を教えてくれました。

振込用紙は自分で記入します。

振込先の銀行はハナ銀行ではないのですが、それでも調べれば名義はわかるようです。

日本もそうなのかしら??

手数料が安い!余ってるコインを使おう

入金額のほかに、当然ですが振込手数料がかかります。

600ウォンでした。

私は6000ウォンを出そうとして札を数え始めたらちょっと笑われました(笑)

日本円にして約60円ですね!非常に安いです。

これで無事、銀行振り込みが終わって安心です。

韓国の銀行は4時まで

韓国の銀行の営業時間は平日4時まで、土日は休みです。
4時までに滑り込みセーフすれば、対応してもらえるそうです。

日本は3時までですよね。

なので、韓国現地で銀行振り込みをするには、平日4時までに銀行に行かなければなりません。
今回は、コンサートは土曜日でしたが、前日の金曜日の昼入りでしたので大丈夫でした。

銀行振り込みが終わったので、次はお金の両替に行きます。
銀行ではなく、民間の両替所に挑戦します。

時刻は14時55分頃でした。

タイトルとURLをコピーしました