コンサート開演~終了

旅行記

開始予定時刻の7時を過ぎても、コンサートは始まりませんでした。

接近、大砲女神

今回、お隣が有名大砲女神でした。
大砲女神とは、大砲のようなカメラレンズを装着し、コンサートなどの動画や写真を撮影し、YoutubeやSNSに高精細動画や画像をUPしてくれるネ申です。

日本で知り合った子なのですが、今回たまたま隣の席になりました。

こんな感じのカメラです。

マイクとかハンパないです。カメラは2台持っていて、レンズのサイズなのかな?華麗に使い分けていました。

手持ちで、撮影時は肘にクッションをしいて固定していました。

(今回は撮影フリーだったので三脚を立てている子もいました。)

私はできるだけ迷惑にならないように、カメラにかぶらないよう、悲鳴を極力出さずにがんばりました(笑)私の声が入っちゃうと台無しになりますからね。。
後に残る動画のほうが大事です。。

それにしても、こういう動画を撮っている子に関して、みなさまはどのような印象をお持ちになりますか?
再生回数を稼ぎたい違法行為をする人でしょうか?

私の知る限りですが、フィソンファンに関してはそのようなことはないです。
彼女らの愛は半端ないんです。

私も今回、いくつか写真を撮りましたが、カメラ構えてシャッター押してる瞬間、少しでも歌手様から目を離すのがもったいないんですよね。
気持ちがそれるんです。

忙しくカメラを調整してずっと動画をとっていたら、コンサートを楽しむ余裕はほとんどないと思います。
それでも彼女たちはなぜ撮るのか、、それはひとえに愛ゆえに。
歌手様の動画をUPし、一人でも多くの、世界中の人にその魅力を知ってもらいたい、自分が楽しむのを犠牲にしてでも、、その無償の広報行為なんです。

動画の公開に関しても「ツアー中の動画公開は止めてください、SNSの場合は舞台装置のない部分のみ」と事務所からお達しが出れば、それをきっちりと守っているなど、マナー順守、自治がしっかりとできています。

私の隣に座った彼女のグループは、動画を撮るだけでなく、グッズの作成(制作原価のみもしくは無料で配布)、プラカード、パネル、花輪の設置、出待ちイベントの管理、仕出し等々、、
ほとんど半分スタッフのような働きをしています。
私なんかの中途半端な愛情ではとても真似できない行動力です。
歌手様本人からも一目置かれている存在でしょう。

これはもしかしたら他の韓国芸能人のファンにも共通なファン活動なのかもしれません。が、他の方を知らないのでわかりません。

コンサートの動画がDVDで出るような、アイドルですとコンテンツ商品として著作権が発生するため、厳しく撮影は取り締まられているようですが、、

滅多にコンサートに行けない、かといってDVDなどが発売されるでもない、フィソンのような歌手の場合、こういったファン活動のカルチャーがずっと続くことを願うばかりです。
それがなければ、そもそも知ることすらなかったのですから。。

Youtubeに出ようがどうしようが、DVD発売されれば間違いなく買いますしね、ていうか発売してほしいと切に願います。

25分押しで開幕

話がそれましたが、、そんな感じで待っていると、7時25分頃、舞台が動き始めました。。

ただ遅れていただけで、何の問題もなかったようです!

よかったーーーTT

絵画のような舞台映像。

舞台上でお着換え(ジャケット羽織っただけだけど)

昨日見たのと流れは同じなので、落ち着いて見ることができました。

その分、感情がかなり沸きましたね。。

泣き虫 と言う曲でじわじわと寒気が走ってきて。

一が加わる誕生日 と言う曲で、なんだかじわーっときて、涙がつーっとでてきました。

曲を聴いて泣いたのは初めてです(日本公演ではコンサートが無くなって泣いたけど・・笑)

頭がくらくらして、無心、無心になりました。

そしてその次が、、

PPAPです、、

私の感動を返せ(笑)

コンサートはトークあり、面白動画あり、もうこれで思い残すこともないかなというくらいの仕上がりでした。。。

ゲストはB1A4の皆様

昨日のゲストはKwillさんでしたが、本日のゲストはアイドルグループのB1A4さんでした。

やっぱりゲストさんのほうが冷静に写真が撮れる(笑)

すっごい目の前に来て歌ってくれたりもしました。

(お人形のようにキレイでスタイルのいい男の子やな~こんな子現実におるんやな~)

と思いながら鑑賞しました。

一生懸命歌ってるところ、目があったりもしましたが、普通の顔してみてたと思います。ごめんちゃい。

普通こっちのほうがかっこいい、なのになぜ私達は別方向を見てしまうんでしょうね。。
種族保存の本能なんですかね(笑)

コンサートは盛会に完了

30分近くの遅れが一体何だったのかわかりませんが、何の問題もなく、昨日以上の盛り上がりを見せ、コンサートは終わりを迎えました。

昨日は一列目、今日は二列目、

私の夢が叶った時間が終わりました、

夢って叶ったら終わってしまうんだね。。

隣の大砲女神が

「終わったねぇ、、、」

と言いました

「もしかしたら、最後のコンサートかも、、」

と私が言うと

「え?マルドアンデー(そんなばかなー)」と言ってくれました。

個人的理由で、今後韓国に来るのが難しいんですよね。。
次がいつになるか、本当にわかりません。

午後10時30分、会場では撤収作業がすでに始まっていました。

最後の出待ちに向かいます。

タイトルとURLをコピーしました