明洞からソウル駅へ、カフェでレンタルサイクルの事前登録

旅行記

12時50分、明洞駅からソウル駅へいったん戻ります。

明洞駅からソウルへ

明洞駅には日本語の看板もあります。

b-dsc08525

でも明洞は客引きもいなかったし思ったより賑わってなかったですね、土曜の昼間だから空いている時間ということもないでしょうし。。

お粥屋以外、日本人にもあまり会わなかった気がします。

b-dsc08526

エスカレーターを下って、、

b-dsc08528

明洞駅のホーム。韓国の地下鉄はどこも全て全面ドア付きですね。

ソウル駅到着

時刻は1時、10分ほどでソウル駅到着です。

b-dsc08529

駅内の移動が時間がかかるんですよね・・・

b-dsc08530

道がゆがんでいる・・・

ソウルシティタワーでカフェ『The Coffee Bean』

ソウル駅前のKPOPホテルソウルステーションに荷物を預けていたので、取りに向かっているのですが、引き取ってからだと大荷物で面倒になるので、いったんカフェで休憩することにしました。

2016-11-17_09h22_59

コネスト地図はこちら

ソウルシティタワーは、レストランがいろいろ入っている複合ビルです。

b-dsc08531

中は広くて、ガラーンとした感じ、アートな壁画もありました。

『The Coffee Bean』に入ることに

b-dsc08532

韓国のコーヒーは、エスプレッソかアメリカーノの二択

私はアイスアメリカノを注文。

なんぴょんは「アメリカンじゃないほうがいい、ホット」というので、必然的にエスプレッソになりました。

b-dsc08534

「少なっ!」とこぼしていましたが、エスプレッソとは元来こういうもの。。

日本でいう普通の「ブレンド」はなく、エスプレッソをお湯で薄めたアメリカーノです。

量がほしいなら、アメリカノを頼むしかないですよね。。

ソウルのレンタルサイクルの申し込み

今回、観光地をレンタルサイクルで回ろうと思いました。

事前に、クレジットカードの登録が必要とのことなので、ここでやっておくことにしました。

b-dsc08535

バイクソウルのサイトにアクセス

서울자전거 따릉이 - 무인대여시스템

に、アクセスして、日本語を表示

2016-11-17_09h33_14

今回は一日券でいいので一日券購入

2016-11-17_09h37_58

会員登録、外国人ももちろんできます。
普段、音楽サイトやチケット販売サイトなどで外国人は登録させてもらえないので、嬉しいです(笑)

2016-11-17_09h36_25

はしばし若干中国語になる場合がありますが、問題ありません。
ログインして中国語になってしまったら、もう一度上のメニューの『日本語』をクリックすると戻ります。

2016-11-17_09h40_47

1日券の購入を選ぶとこんな感じ、数日滞在する場合は7日券でもいいかもしれません。

クレジットカードを登録

クレジットカードを登録します。

2016-11-17_09h40_47

クレジットカードはJCBでも大丈夫でした。

私となんぴょんはそれぞれお互いのクレジットカードで登録しました。一緒のカードで決済できるのか、別の名前(なんぴょんのカードで私の登録など)での決済がOKなのかは、やってないのでわかりません。

T-money(交通カード)を登録

一人につき、1枚の交通カードが必要です。

さらにT-moneyカードを登録して、クレジットカードを紐づけします。

T-moneyの裏に書いてある番号を入力します。

b-dsc08538

クレジットカードの番号を再度入力します。

貸出パスワードの設定

自転車を借りる時、交通カードを自転車にかざして、貸出パスワードを入力します。

1-4の番号の組み合わせで設定します。

2016-11-17_09h49_31

暗証番号は忘れても、ここでいつでも変更できます。

・・・ぶじ、カードを登録することができました!

ホテルに荷物を受け取りに

30分ほどカフェでゆっくり休みながら、レンタルサイクルの登録をしていたら、13時50分くらいになりました。40分くらいいたことになります。
なんぴょんは半分寝ていました。何か食べようかなと思いつつも、あまりお腹がすきません。。

b-dsc08539

ソウル駅前警察署の角をまがってすぐ、KPOPホテルソウルステーションです。

b-dsc08540

ぜったい椅子を出して座ってるひとがいます。。

K-POP HOTEL

昼間のKPOPホテルソウルステーション、細長いビルです。

預けておいた荷物を引きとろうとしたら。。

出かけるときに「だいたい2時頃戻ります」といっておいたのが、ちょうどの時間になりました。

フロントには、朝と同じ子がいたので「アンニョンハセヨ~^^」と声を書けると

「あ、こちらにご記入ください」といって、受付表を出してきました。

「??」受け取りに必要なのかな?

と、名前だけとりあえず記入

「・・・^^」

「・・・^^ ??」という空気がしばらく漂ったのち

「ちょ、、チェックインあにんでよ?(あのーチェックインじゃないんですけど)」というと

「え?」と

「チムよ(荷物です)」

というと

「あああああ」とフロントの子。

やっと思い出したようです。

私たちの顔も荷物のこともすっかり忘れていたようです。

「ちぇそんえよーーちぇそんえよーーー><汗」とめっちゃ謝られました(笑)

荷物は、フロントの横にある、ガラス張りの物置の扉の中(中にはテラス?)に置いてありました。

今回はまあ笑い話ですけど、こういうのの管理とかってどうなってるんでしょうね、、特にメモもなく、顔も覚えてないようだとちょっと不安。。

そんな感じで、無事に荷物を受け取ったので、これから本日のお宿、景福宮方面に向かいます。

時刻は、2時を少しすぎました。

タイトルとURLをコピーしました