景福宮 王宮守門将交代儀式

旅行記

2時5分ほど前、勤政門前にいくと、人がたくさん集まっていました。

景福宮 王宮守門将交代儀式の場所

行く時までどこでやるのか、いまいちはっきりとはわからなかったのですが↓以下の部分で行われれます。

2016-12-05_13h27_25

コネスト地図はこちら

チケットを確認する門を通っていったん外にでることになります。
つまり守礼交代を見るだけなら、チケットのいらないエリアなので誰でも自由に見れるということなんですね。

時間になると、人がずらりとならんでいました。

b-dsc08955

ファンキーな王様(チョナ)もいました(笑)

b-dsc08954

王宮守門将交代儀式とは

イギリスのバッキンガム宮殿や、バチカン市国とかには、ずっと続いている守衛の儀式がありますが、景福宮のそれは伝統の儀式ではないそうです。
朝鮮王朝時代に実際行われていた儀式を、観光用に、専門家の歴史公証をもって再現されたもので、1966年から開催されているそうです。

コネストの詳細ページはこちら
http://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=526

とはいえ、荘厳で圧巻の儀式は一見の価値ありです!

交代儀式開始

時間ぴったり、2時ジャストに、ドーン、ドーンという太鼓の音からはじまります。

やがて、ナウリたちが後進してきます(やっぱ韓国のバイトルとかで集まった学生バイト君とかなのかしら(笑)それとも正規職員なのか?)

b-dsc08958

テンションアガります。

b-dsc08960

どこの位置に立ってみてても、見どころが見える感じに配列も計算されてる感じ。

b-dsc08960-2

門のところにも人がいます。

b-dsc08962

色彩が素晴らしいですよね。

b-dsc08963

風が強く、空がどんよりしていて、雰囲気ありました。

b-dsc08964

ビルのある風景との調和が、タイムスリップしたような感覚です。

b-dsc08967

儀式は約10分くらいで終わりです。

再度景福宮入場

一旦外に出ましたが、半券をもって再入場できます。

なんぴょんが見てないエリアをもう一度見に行きます。

b-dsc08972

しばし街並みのような宮殿内を散歩です。

b-dsc08973

雰囲気のある門とその奥の風景。

b-dsc08974

慶会楼を覗き見ます。

b-dsc08977

コスプレの観光客さんがまるで登場人物のよう、撮影させてもらっちゃいました(笑)

b-dsc08981

景福宮は、まだ再建中。工事中のエリアは壁が印刷でした。

香遠亭

なんぴょんが『屋根部屋のプリンスの池』と思いこんでいる、香遠亭の場所にきました。

根の深い木には出てきますけどね。

b-dsc08983

藻がびっしりでした。

b-dsc08984

以前来たときは、もう少し水が見えていたような気が・・・

景福宮の出口は1か所?

歩き疲れたのでそろそろ帰ることとします。

地図で見て、迎秋門というところから出ようとしました。

b-dsc08987

ところが、門は固く閉ざされていて、警備員さんだけがいました。。

2016-12-05_14h00_05

光化門まで行かなければいけないようです。

カフェで一服

出てからまた歩かないといけないので、途中にあるカフェで一服してから、外に出ることにしました。

b-dsc08989

この先にカフェがあります(なぜかカフェの外観は撮影し忘れました><)

b-dsc08992

店員さんは、女官の恰好でした^^

カフェはすごく混んでいました。

b-dsc08993

アイスアメリカノをのんで15分ほど休憩、1杯3000ウォンと安かったです。

景福宮を出たときには3時20分くらいになっていました。

タイトルとURLをコピーしました