3日目の朝はゆっくり、景福宮にバスで再度出発

旅行記

3日目の朝はゆっくり起きました。

ドミトリーの相部屋でも快眠

9時過ぎまでゆっくりねていました。
プライバシーゼロのオープンな二段ベッドの寝室で、良く寝れるのはいいことですな。。

いびきとかかいてないかしら、、
同室の人の寝息は気にならなかったです
自分が一番うるさかったりして・・(笑)

話はそれますが、私は歯科でマウスピース作ってもらってるんです。
寝ながら食いしばりすぎて、頭痛に悩んでいたのが、改善しました。

マウスピースすると、歯ぎしりも音がしなくなるし、深く良く寝れるようになるのでおすすめですよ。
保険適用で8000円くらいで作ってもらえます。

C.U.bnb ゲストハウスの朝食

泊まっているゲストハウス、『C.U.bnb ゲストハウス(C.U.bnb Guesthouse)』は、料金内に朝食がついています。

ついているといっても、パンや冷蔵庫の中にヨーグルトが用意されているだけですが、外に出てコーヒーと朝食を食べれば1000円近くかかるので、貧乏旅行には助かりますよ。

b-DSC06954

コーヒー、紅茶、トースター、レンジ完備

b-DSC07501

この、パンが異常にモチモチしていてめちゃくちゃ美味しかった!日本でこんな弾力のパン食べたことない。。

赤いのは、冷蔵庫に入っていた豆板醤?ペーストです、パンにあって美味しい~。

b-DSC07102

キッチンもきれい。長期滞在なら料理もいいですよね。

b-DSC07103

冷蔵庫の中には、ジュース、ジャム、ヨーグルトなど、好きに使ってOKです。
自分のものを冷やしておくときは、袋にいれたり名前を書いておかないといけないですね。

b-DSC07101

調味料も、きれいに整理されています。本当に掃除が行き届いています。

食べていたら、奥様が起きてきました。

そこで、小一時間ほどおしゃべりしていました。

昨日の出来事、間違えて反対方向のバスに乗ったこととか(笑)
歌手様との2ショットの写真を見せびらかしたり(ファンではないネイティブ韓国人に歌手様の話をするのは、なぜか一番平気で話せる)

なんか普通に会話はできるなあ。。

コンサートでのトークとかは、聴き取れないことも多いけど、
相手がこちらが日本人と踏まえたうえで、双方言葉を確認しながらの会話なら、ほぼ不自由しなくなってきました。

話していると、同室の中国人の子も出てきて一緒にパンを食べました。
すごく控えめな感じのこで、恥ずかしそうにニコニコしながら、あまり話しませんでした。

というか、やっぱり若いこが多いね、10代って感じ。
妙齢の大人はあまりゲストハウスとかに泊まらないんかもしれないですね・・・(苦笑)

リビングには、宿泊客が残していった置き土産やメッセージがたくさんありましたが、
日本人も結構たくさんきていて、KPOPファンの人も多いみたいです。
今回はゲストハウスでは日本人には遭遇しませんでした。

リベンジ!景福宮

時刻は11時半ちかくになっていました。
今日の午前は、景福宮にいって、韓屋村あたりに行って見ようかと思います。

今度は間違えることはありません、リベンジです。

景化駅のバス停に向かいます。

b-DSC07339

屋台(行商)がたくさん出てて、活気があります。

個々には写ってないけど、スマホの写真から写真たてを作ってくれるお店があって、、2ショット写真を写真たてにしてもらおうかな~と思ったんですが、ちょうど女子高生で混雑していたので、まあ帰りにやろうかなと思って去りました。
帰りはまた違う展開になってしまったので、二度と遭遇することはありませんでしたが。。

旅というのはその時を逃すと、もう巡り合えないということがありますよね。

109バス乗車

今日はバスの進行方向もきちんと確認して乗り込みます。

b-DSC07341

写真では、画面が切り替わるタイミングでちゃんと表示されてないのですが、次のバスがいつ来るかがリアルタイムで表示されてわかりやすいです。

b-DSC07342

時計は11時27分、バスに乗り込みました。
料金はT-moneyで払うと簡単ですが、現金での支払いもできるようです。
おつりもでるようです。やったことありませんが。。

昌徳宮(チャンドックン)を通過しながら

バスから、世界遺産の昌徳宮の敦化門が見えます。

b-DSC07343

昨日は人がたくさんいたけど今日は人がいませんでした。

b-DSC07344

光化門広場の前を通ります、昨日はここで降りたけど、今日は景福宮前まで行きます。

b-DSC07345

バス停を降りた所

11:50頃、景福宮に到着です

タイトルとURLをコピーしました