帰国の朝、ソウル駅-空港高速鉄道無料チケット引き換えと、フードコードでカルビタンを食す

旅行記

ついに帰る時がやってきてしまいました・・・

ゲストハウスを去る

眠ったのは2時過ぎ頃でしたが、8時には起きました。
朝食をしたためて、ゆっくりとコーヒーを飲みます。

出かけて朝食をとらなくていいから、時間たっぷりでいいですよね。
ビュッフェつきのホテルもいいけど、ゲストハウスはリビングで食べるので、家って感じですごく落ち着きます。

同泊の韓国人とシンガポール人の子は、とっても口数が少なかった(笑)
私がリラックスしすぎ?

奥さんとしばしお話したりして、ゆっくり過ごしました。

9時半、そろそろゲストハウスを出ることとします。

寂しいな~。。もっと居たかった。

b-DSC07503

この味わいある風景ともお別れ。。
また絶対来たいな!


C.U.bnb ゲストハウス(C.U.bnb Guesthouse)

恵化駅へ

駅前のアルコ芸術劇場(아르코예술극장)前では、何かテレビの撮影をやってました。

b-DSC07504

タレントらしいおじさまがいらっしゃいましたが、誰かわからず。。
バラエティっぽかったです。

b-DSC07507

地下鉄に乗ってソウル駅に向かいます。

恵化からソウル駅まで、地下鉄4号線で6駅、11分ほどです。

10時頃、ソウル駅到着。

b-DSC07511

気温などの電光掲示板がありました。

b-DSC07509

気温は28.4度。まだ午前中なのでこの気温ですが、日中は30度を超えます。

KTX(A’Rex)乗り場へ

地下鉄のりばから、空港鉄道の乗り場へ向かいます。

b-DSC07512

韓国恒例の、妙にぐらぐらするエスカレーター(笑)

b-DSC07513

駅前の踊り場、ソウル駅はどこ見ても、軍人さんがいました。

b-DSC07514

ロッテアウトレットの前を通って・・・

b-DSC07515

国鉄の駅ナカに入ってきました。

b-DSC07516

ドラマとかで田舎から出てくるシーンで登場する場所です。

b-DSC07518

空港鉄道乗り場は、この写真の左奥に進んでいきます。

空港鉄道がどこか、看板サインが大きく出ていないので、わかっていないと非常にわかりづらいです><

b-DSC07519

この奥にあるんですが。。。

b-DSC07519-2

공한철도 Airport Railroad
めちゃくちゃ目立たなくないですか?
せめて、飛行機の絵を描いてほしい。。。

b-DSC07520

ここへきてようやく、飛行機アイコンや、日本語表示が。
乗り場はさらに奥です。

地下鉄の降り場から、ここまで、15分くらいかかりましたが、ゆっくりと迷いながら来ました。
要領がよければ10分足らずで来れると思います。

ソウル駅都心空港ターミナルで事前チェックイン

以前、江南の空港ターミナルで事前チェックインして楽だったので、今回、ソウル駅にもあるのでやってみます。

事前チェックインのメリット

  • 大きい荷物をあらかじめ預けられるので、その後身軽に動ける。
    ※ただし、液体類など、機内に持ち込めない買い物をすることができない。

  • 空港のチェックイン列に並ばなくていいので、時間短縮になる。
    昼間の空港のチェックインは、爆買い中国人などで長蛇の列。
    ただし、出国手続きや手荷物検査には並ぶので、あまりギリギリにつくと焦るので注意。

空港ターミナルの場所

b-DSC07521

空港鉄道の乗り場のところにあるので、すぐわかります。

実は、ここに到着してすぐにチェックインしようとしたら、係の人に

「まず、切符を買ってからチェックインしてください」
といわれました。

江南のときには、特にそういうのなかったのにな・・?

JCBカード無料チケット引き換え場所

空港ターミナルの手前、入り口側にあります。

トラベルセンター
b-DSC07525

ここに「JCBカードのチケットお願いします」(日本語でOK)というとすぐに通じます。

JCBの無料チケットは、1万ウォンのレシートの提示が必要ですので、あらかじめまとめておいたものを見せます。
宿泊のレシートはメールの画像だったのでスマホの画面を見せましたが、それもOKでした。

厳密に計算したりせず、ざっざっと目視でレシートをみて、まあ1万はあるな、という感じで見てるようでした。

乗車時間は、今からでも、あとの時間を予約でもOKでした。

飛行機は14時55分だったので、1時間くらい前の13時55分くらいに着けばいいのですが、1時間だと混んでるときに手荷物検査でめちゃくちゃ並んで焦ったので、2時間くらい前に余裕見てつくことにしました。

係員の人に「2時間前くらいに着く電車でお願いします」というと、いいようにアレンジしてくれます。

b-DSC07523

ぶじ、切符ゲット。
11:58発のA’REXになりました。

↓こちらは、JCBのチケット引き換えではなく、普通に切符を買うカウンターです。
b-DSC07522

フードコートで食事

フードコートで食事をすることとします。

フードコートは、乗り場のビルの上にあるので、すぐに行けますが、途中売店を冷やかしたりしていたら、11時近くになってしまいました。
電車の乗車まで、あと1時間ほどです。

b-DSC07526

フードコートは一人旅の味方(笑)

b-DSC07528

どれを食べようか目移りします。

会計レジのところで、食べたいものを伝え、会計を済ませます。
レシートの紙には番号が書いてあるので、料理ができるのを席で待ちます。

ここのフードコートは、番号がモニターに表示されます。

b-DSC07529

ソウル駅広場の人々をウオッチングしながら待ちます。

b-DSC07530

ほとんど一人飯の人ばかりでした。軍人さんも。

b-DSC07531

フードコートのカルビタン

出てきました!

b-DSC07533

今回オーダーしたのは、カルビタンです。
透明なスープで、あっさり、体によさそうです。

以前食べたコムタンと似ています。コムタンは、薄切り肉が入っていましたが、カルビタンはその名の通り骨付きのカルビが入っていました。

b-DSC07534

おかずはこんな感じ。キムチはイマイチだったかも。。

b-DSC07536

汚くてスイマセン・・・なんだかんだとほぼ完食。

カルビの骨がごついです。どう食べるのが正解なの。。。

(韓国では何故か)食が細い私でさえ、これだけ食べたので、男性だとこの一品では量が満足できないかもしれません。

8500ウォンでした。

b-DSC07535

東京駅およびアムステルダム中央駅に似ている、ソウル駅の駅舎。

ソウル駅売店周辺でお土産

フードコートの店を出たのは、11時半ころ、電車は11:58。
乗り場まで10分くらいかかるかもしれないので、あまりゆっくりもしていられません。

ロッテアウトレットも行って見ようかと思いましたが、どうせ買い物はしないと思うのでやめました。

b-DSC07537

途中で通ったケーキ屋さんのショーウインドー。
美味しくなさそうなビビッドカラー(笑)

ケーキはたぶん日本のほうが美味しいだろうなぁ。。

A’REXの乗り場に向かいます。

タイトルとURLをコピーしました