夜の新宿~裏通り~

旅行記

とんでもない出来事に遭遇してしまったので、夜はとても眠れませんでした。

マナーのよい客ばかりのヒカリハウス

とにかく自動的に宿(ヒカリハウス)に帰り、いったん部屋に引きこもりました。

部屋のベッドはほぼ埋まっていました。

私の滞在した女性ドミトリーは、基本的に中国人っぽい人ばかりでした。
もしかしたら、香港、台湾、韓国、シンガポールとかかもしれませんが、基本黄色人種。

若い人が多かったですが、中高年女性と若い娘と言う感じの親子のような二人も居ました。

それぞれ、目が合えば笑顔で『Hello!』と挨拶。
大きな声で会話するようなことはありませんでした。
感じのいい人たちばかり。

すでにカーテンを引いて寝てる人も居ました。

ここの宿泊客、全体的にとてもマナーがよい。。。
中国人はうるさい、マナーが悪いと決めつけるのは、良くないですね。

私はとりあえず持って行ったノートパソコンで、ネトサ。

無料Wi-Fiも完備されているので、ネットに不自由はありませんでした。
ちょっと回線遅いかな?

セキュリティが悪いフリーネットワークではなく、パスワードもちゃんとありました。

夕食食べ忘れ

しばらくネトサして、気づいたら、ご飯を食べていないことに気づきました。
12時近くでしょうか?

コンビニで買って、1回の休憩室で食べようかと思ったら、もう閉まっていました。
利用できるのは11時までのようです。

受付の男性(昼とは違う人)は一人いました。

「出かけてきます」というと(韓国語)

「眠れないですか?行ってらっしゃい」と言ってくれました。(韓国語)

「はい~一杯ひっかけてきます・・・」

新大久保のカラオケへ

オープンしているお店は飲み屋さんばかりでした。
飲み屋さんでもいいんだけど、ちょっとなーと思い街をさまよい歩きます。

人はちらほらいたので、怖い感じはしませんでしたが、治安はいいとは言えない雰囲気ではありますね。

大通りを歩いていくと、カラオケがありました。

眠れない気持ちを発散させ、ご飯も食べられるのはカラオケがベスト!と思い、受付へ。
ヒトカラですよ、ヒトカラ。実は初めてです(笑)

b-20160603_001523

12時もまわっていましたが、満室のようで少し待ちました。

それにしても、東京のカラオケって安いのね?
私の田舎のシダックスの半額以下のような気がします。

東京はレジャーが安いかも。。

フィソンの歌は#6上げるのがコツ?

b-20160603_003300

お部屋はとっても狭かったです。
机の上の機械はカラオケじゃなく、飲み物食べ物を注文する機械です。(最初どうしていいかわらかなかった(笑))

結局何も食べず、チューハイばっかり飲んでました。

カラオケはいつも気兼ねない人と来て、空気読まずにフィソンしか歌わないんですけど(笑)
もちろん歌えません。

が、

今回いろいろ試して、思い切って+6上げると(多少)歌いやすくなりました。

どうでもいい情報ですね。。

カスムシリンイヤギのビデオが。。。

b-DSC06616

これは離婚届を突きつけられたようです。。

b-DSC06619

採点はこんな感じ、90点超えるまでがんばりたいですね。。

b-DSC06621

ビブラートはどうつければいいのかな。

全曲制覇!&主要曲歌い込み。

いいね、、ヒトカラも、、なんか空しいけど(笑)

しかしコンサートとかであの熱唱曲を30曲歌うとかすごいな、、と改めて歌手様を尊敬。。

宿への帰り道、客引きにあう。。

2時間ほど歌って、まだ眠くないけど、帰ることにしました。

b-20160603_001525
動揺を具現化したようなピンボケ(笑)

途中、コンビニでおにぎりだけ買って帰ります。

夜2時過ぎ、なんか、、怪しい人がいっぱいうろついていますね。。

ヒカリハウスへの狭い路地をとぼとぼ歩いていると、

「お兄さん、マッサージしない?」と日本語カタコトのアジュンマが。。

お兄さん・・・

「あら、女の子?ごめんなさいネ~」

だって(笑)失礼ね、アタシは、女よ!

まあ、私のようなか弱い女性(笑)がうろついていい感じの場所じゃなかったな。。

ソウルよりやばいかもしんないので夜中の外出はお気をつけて。。

結局ほとんど眠れず

宿に帰ると、もう消灯になって寝静まっていました。

大部屋は、個別にカーテンと照明があるとはいえ、他に寝てるひとを起こしてもいけないので
廊下の真っ暗な中でおにぎりをたべました(笑)

なにやってんだ、、

その後、ベッドに戻ったものの、ほぼ一睡もできず。
今日、もう前日か、起こったことを反芻しては「あばばばばばば」となってました。

同室の中国人たちはみんなとっても静か
私が一番マナー悪いわ・・・><

さよなら東京

そうして気づいたら明るくなっておりました。

朝はすこし洗面所などが混雑してましたね。

前日にはほとんど見かけなかった男性たちもいました。

男性は、いかにもバックパッカーって感じの白人でした(絶対マックブックエアー(笑))

本当に、コンサート以外で日本にいるとは思えない感じの不思議な時間でした。

翌日はやることもないので早々とチェックアウト

コーヒープリンスという喫茶店もありました。朝はやってなかった。

b-DSC06623

朝はお店もほとんどやってないですね、喫茶でモーニングとか習慣ないのね新宿は。。

新大久保駅前のマクドナルドで朝マックして帰り路につきました。

とりとめもないですが、
そんな感じで今回のカッペのおのぼり旅は終わりました。

またいつ歌手様に会えるかなーと思いつつ。。

この時私はまだ、その数か月後に再来日するとは夢にも思わなかったのである。。。続く

タイトルとURLをコピーしました