サムギョプサル『新麻浦カルメギ』江南三成店に食べに行く

第5回 ソウル江南COEX 二泊三日 一人旅

管理人さんと夕食

コンサートが終わって、宿に帰ってきたのは10時半くらいでした。

リビングを通ると管理人さんがいました。

「おかえりなさい^^」と

韓国語です。はっきり覚えてませんがたぶんオショッソヨ~(오셨어요)と言ったと思います。

私も「タニョワッスムニダ~(ただいま)」と答えました。

こういうファミリーな会話は、韓国ドラマで知りましたね。

以後韓国語で

「ご飯食べましたか?」

「いえ、まだです」

今日のコンサートは、昨日より始まりも終わりも1時間早いです。
昨晩は疲れと根性がなかったので、コンビニに逃げましたが、今日はがんばってどこかで食べようと思っていました。

「これから外で食べに行くつもりです」

「どこか決まっているんですか?」

「いえ、、、ただ、、i will go down this street in front of this building then find a..(このビルの前の道をまっすぐ行ってどこか見つけます)」

韓国語で道について説明できず英語に逃げました(笑)英語が通じる人には、英語のほうがはやいと言えば早いです、、

すると管理人さんが韓国語で

「一緒に食べに行きませんか?」

「같이?(カッチ?)チョンマルヨ(ほんとですか?)?イエー、チョンネヨ!(はい、いいですね!)」

まじですかー!ラッキーです。

連れがいればどこにでも入れます。しかも地元の人と一緒なんて間違いないですね。

「豚肉食べれますか?サムギョプサルはどうです?」

「いいですね!大丈夫です」

私はサムギョプサルを食べたことがないですし、どうやって食べればいいのか、どこの店がいいのかも全てがわからないので、助かります。

私はいったん着替えて出かけました。

(さすがに制服で行くわけにはいかない)
(ジャケットを着ていたので制服を着ていることはばれていないはず(笑))

新マポカルメギ (新마포갈매기)

宿から徒歩5分ほどで、お店があります。

ここは昨日も前を通りました。

b20151219_233604

写真がボケてすみません。

map-mapokarumegi

場所はこちら

ストリートビューは写真が古いのか、別のお店が写っています。
でも外の看板ですぐにわかると思います。

有名チェーン店のようです

신마포갈매기(新麻浦カルメギ)公式HPはこちら

竊原匂哀古奄
爽縦噺紫 巨虚戚 鎧兜精 崎沓球 重原匂哀古奄 幡凪戚走脊艦陥

三成駅店のページはこちら

カルメギとは

豚の横隔膜付近の肉のようです。

このお店はそのカルメギが看板ですが、今回は管理人さんお任せでサムギョプサルを注文しました。

b20151219_224710

メニュー見づらいですがこちら。

一人前(一皿)カルメギが9500ウォン、サムギョプサルは9000ウォンのようです。

韓国サムギョプサル初体験

サムギョプサルは最初3人前頼んでいました。

管理人さんが店員さんに「サムギョプサルお願いします」

店員さん「2人前ですか?」

管理人さん「3人前あります?」

店員さん「(笑)ありますよ」

という感じの冗談を言ってました(笑)

b20151219_224707

こちらがお鍋になります。本格炭火です。

鍋の端にあるキムチはとりあえずこのままにしておきます。

b20151219_224809

チョレギサラダなどの付け合わせが出てきます。

b20151219_225308

お肉が出てきたので焼きはじめ。

鍋の周りの溝には卵が流し込まれます。

肉が焼けるのを待つ間、こちらの卵がキムチ卵焼き状態になるので、それを食べながら待つそうです。

この溝で卵焼きを作るのは、このチェーン店のオリジナルの食べ方のようです。

写真に写っているキムチは、油で炒めたキムチだそうです。これがまた美味しい。

そしてそのキムチを、隣に添えてあるお豆腐にのせて食べると美味しいよと教えてもらいました。

お豆腐は日本の木綿ごし豆腐よりもう少し硬い感じ(水切り豆腐という感じ)

すごくおいしいおつまみです。

私はビールを頼みましたが、管理人さんはお酒が飲めないそうです。
韓国人男性でお酒飲めないって珍しいんじゃないですかね。

b20151219_225626

いい感じにやけてきてどんどん食べます。

いつもお腹が空かない私も頑張って食べました。

美味しいんですが、胃が縮んでいるのか食が進まないんですよね、、本当にもったいない。

でも美味しいです(笑)

3人前はぺろりと食べてしまって、管理人さんはもう一枚追加していました。

網を替えてくれない店員がいる

管理人さんが店員をつかまえて

「網(鉄板)を変えてください」というと

「もうすぐ食べ終わるでしょ?変えなくてもいいでしょ」と断られてました(笑)

韓国の店員すごい(笑)客の依頼拒絶(笑)

でもひるまない管理人さんは、別の若い(気弱そうな)店員をつかまえて、

「これ変えてよ」と言って結局替えさせていました。

いろいろとお話

食べながらいろいろとお話しました。

まずお肉については、
「僕は日本に行ったことはないけれど、日本に行った人の話を聞くと焼肉屋の肉がめちゃくちゃ少ないし小さいしでびっくりしたって」

確かに、今食べているサムギョプサルのように厚みがあるお肉は見たことがないですね。
一人前の量もだいぶ違います。

あとは、いろいろな国の旅行者の人の話。

そして政治的な話。

韓国の人と政治的な話をするのは、こちらからは避けてます。

韓国ファンの人とか、女性からはそんな話を聞いたことがないですが、おじさんは政治の話が好きですね(笑)

といっても、日本を悪くいうようなことはなかったです。

韓国人は韓国の政治に不満を持っているので、気持ちは日本人と同じだと。

対立する必要なんてないのに、と言っていました。

海外からたくさんお客がくるゲストハウスの管理人さんだからそうなのかもしれませんけど。

おごってもらってしまいました

b20151219_233537

お店はとても賑わっていました。

韓国の人と食事をしたのははじめてで、とても楽しかったですね。

自分がこれだけ会話できるようになった嬉しさもありましたが、もっと韓国語がわかるようになりたいと改めて思いました。

願わくはもう少し食欲があってもっとモリモリ食べれたらよかったのですが・・・

そして、席をたってお会計です。

韓国には割り勘という文化がないと聞いていました。

私は今回招待してもらったのだから、私がクレジットカードで払えばいいやと思っていました。

ところが、管理人さんが、さーっと会計に立って、支払いを済ませてしまったんです。

「今日は僕がおごりますよ」って

なんですと!

「そんなあ、、」

と言っていると

「僕もサムギョプサル食べたの久しぶりなんですよ、いつも一人なんで、食べに行く人がいなくて、だから今日は来てもらえたんで、僕が払います」

「次に来た時は、あなたが払って下さい」といって笑いました。

「もちろんですよ~」と言いましたが。。

たぶんこの時の食事代は、私の一泊の料金(35000ウォン)よりも多いです。。

次に泊まることが、いつあるかわかりませんが(コンサートの場所次第)

ぜひそうさせていただきたいと思います。。

そうして、部屋に戻りました。。

時刻は、11時半を過ぎた所です。

タイトルとURLをコピーしました