KALリムジンで仁川空港から江南COEXへ

第5回 ソウル江南COEX 二泊三日 一人旅

空港から市内へはリムジンバスを使っています。
いつもは通常のリムジンバス(公営なの?)ですが、今回は大韓航空のキャンペーンで無料クーポンがもらえたので、KALリムジンを利用することにしました。

時刻の確認

KALリムジンのHPで、行先を選択して時刻表を見ることができますので事前に確認しました。

404 Not Found

kal-limousine

到着時間が11時半でしたので、11時38分はダッシュしても無理、12時16分には乗れそうです。

本数が少ないですね。クーポンがもらえなかったら、通常のリムジンに乗ったと思います。通常リムジンなら15分おきくらいにあると思います。

片道16000ウォンと高くはないですが、往復32000ウォン、3000円以上の節約になるので貧民には貴重です。

乗り場の確認

bDSC05270

寒い外で歩き回りたくないので、出口にすぐあったKALの窓口で乗り場を確認しました。

クーポンを見せ、「イゴン、オディソタミョンデヨ?(これは、どこで乗ればいいですか)」と聞くと
「4Bよ(サビヨ)」と指をさして教えてくれました。

左側出口すぐのところでした。

バスが来るまで20分近くあったので、先ずはトイレに

仁川空港のトイレです

bDSC05272

必要ないかもしれませんが、仁川のトイレはしゅるるるっと便座シートが回るしくみになっています。

トイレットペーパーは流してOKのようです。
べろーんとなりがち(笑)

洗面所も広くてとても清潔です。

外で15分バスを待ちました

bDSC05279

中でうろうろしてうっかり乗り過ごしてもいけないので、時間にだいぶ余裕はありましたがバス停エリアで待つことにしました。

bDSC05273

思えばちょっと前、アメリカ公演にいった歌手様はここを通って、渡っていったなー、その場所に私はいる!と、相変わらず些細なことで嬉しいおめでたい自分です。

bDSC05274

外はマイナス3度くらいだったかと思います。空港の中はあったかいので、ダウンジャケットの下が汗ばむくらいでしたが、じっとして外にいると危険な寒さを感じてきました。

bIMG_1750

ここではファーのついたフードは完璧な実用品です。
日本ではファッション目的ではなく、防寒としてフードをかぶって歩いている人をあまり見かけませんが、韓国ではたくさんいました。

スマホをいじっていたので右手は手袋をしていませんでしたが、手を出したままでいるとしもやけになりそう。
つねにポケットに手をいれていました。

バス停は各路線がひっきりなし

bDSC05276

4Bのバス停です。

bDSC05275

江南だけでなく、他の方面のバスも停留するようです。

b20151218_120907

COEX方面の時刻表をここでも確認。

b20151218_120903

見ると、KALリムジンの時刻が修正されたようで、上に貼ってありました。

前述のHPに書いてある時間と同じでした、HPはちゃんと更新されているのがわかりました。

バス停のアジョッシは親切

バスが来るたびに一応表示を確認していたところ『江南』と表示されたバスが来たので、係員と思われるおじさま(あじょっし)に
「コエックセカヨ?」(コエックスに行きますか?)と聞きました

bDSC05281

すると「アニ~タウメよ~」(いえ、次ですよ)と教えてくれました。

さらに私の手を引いて時刻表のところへつれていき、指さしながら
「コエックスインターコンチネンタルン シンニュップンヨ(16分ですよ)」
「ヨギソアンジャソ キダリョチュセショ~(ここに座って待ってください)」

と言ってくれました。

ふっつーーーに韓国語です(笑)私は外人ですぞ(笑)
まあ今やわかる私なんですが、この、超親切だけど遠慮ない韓国語というのがなんとなく可笑しかったですね。

b20151218_120926

ベンチにお尻の冷え防止なのかタオルがしいてありました。ここで座ってしばし待ちます。

KALリムジンに乗車

bDSC05283

ほぼ時間ぴったりに、バスは到着。いつものように酔い止めのため一番前に座れました。バスに乗ったのは数人です。

乗車のときに2枚もらったクーポンのうち一枚を渡しました。そのまま回収されます。

今までのリムジンバスよりも少し狭い感じかな?

ソウル江南に向け、出発です!

タイトルとURLをコピーしました