ソヒョン駅周辺でひとり昼食、『嫁に行く日』という店のビビン麺

第4回 城南(ソンナム)市 二泊三日 一人旅

韓国にくるとつい忘れてしまうのが昼食なのですが、コンサートに向けて体力温存のため、しっかりと食べておきたいと思います。

時刻は午後2時、お昼の時間帯はすぎたころでした。

ホテルを出てすぐ、たくさんの食べ物屋さんの看板があり、目移りをします。

ホテル近辺には食事処が豊富

bDSC03152

오발탄(おばるたん=誤発弾?)というお店、「특양구이(とぅぎゃんぐい)」という鶏?の焼き肉料理のお店のようです。
HP http://www.hiobaltan.com/

おいしそうですが焼き物系は一人では入りづらい!

bDSC03153

불꽃돼지(ぷるこってじ=炎の豚)という豚焼き肉のお店のようです。

公式サイトはわかりませんでしたが、韓国の食べログのような記事がありました。
https://www.menupan.com/Restaurant/GoodRest/GoodRest_View.asp?ID=164354

「居酒屋」ちょうちんが飾ってありますね

bDSC03154

日本ではもう食べられない、ユッケの写真があります。この滞在中に絶対に食べたいですが、今はいらない感じです。

bDSC03155

스시도모(すしとも)回転ずし店のようです。

韓国まできて寿司というのも面白いなと思いましたが、システムがわからないので勇気がなく、次回挑戦です。

個人のブログのようですが、とてもわかりやすい写真がたくさんあったのでリンクさせていただきました。
http://boyundesign.tistory.com/1765

bDSC03181

大阪という居酒屋さんもありました、夜もたくさんお店があって、迷いそうですね。

寒いし食欲がないのでククス(手打ちうどん)のお店に決定

2月です、気持ちは寒くはないのですが、街を歩き回って体は冷えてきました。ですが食欲はあまり沸きません。

そこで目についたのがこのお店の看板です。

bIMG_0887

시집가는 날(しちむかぬんなる=嫁に行く日)という面白い名前のお店です

칼국수(かるぐくす=手打ちうどん?)と매운갈비찜(めうんかるびちむ=牛カルビ煮込み?)のお店のようです。

bIMG_0885

一人でもよさげなメニューです。

「うどんいいじゃない~」と、孤独のグルメのように心でつぶやきながらこのお店に決定です。

「嫁に行く日」という名のお店のビビン麺

ホームページなどは見つけられませんでした。チェーンではなく、この城南にだけある店のようです。

bDSC03156

入口がすこしわかりづらいのですが、入ってから階段で地下に降ります。

客は誰も居ませんでしたが、二人の店員、お兄ちゃんと女の子が愛想よく迎えてくれました。

bIMG_0880

席はどこに座っても良く、私はテーブルにつきましたが、個室(座敷?)もあるようです。一人で使えるかは知りません。

bDSC03158

こういう中にも入ってみたいですね。

bDSC03157

メニューは全て韓国語でしたが、左上から三番目の『비비고 싶다(ぴぴごしぷた=辛くして欲しい)』という名前が心にぐっときて(笑)
「辛い麺」という部分だけ読んでこれを頼みました。

bDSC03159

まずおかずがでてきます。キムチをつつきながら、注文を待ちます。

そこへ、家族連れが入ってきました。一人だとなんだか気まずいので安心しました(笑)
家族連れはカルビチムを頼んでいるようでした。

お店はテレビがついていました、ドラマをやっていましたが何のドラマがも内容もわかりません。
ただ、たまに知っている顔の俳優が出るのが面白かったです。

5分ほどまっていたら、待ってました!お料理が来ましたよ。

bDSC03160

・・・冷麺やんか!

うかつでした、、この寒いのに冷麺。。でも美味しそうではあります。

お店も鍋料理をするせいか、結構寒々としていたんですね。

写真手前のピンクいのは、iPadです、すみません。

bIMG_0883
お料理だけをiPadで撮影。

そしてビビン麺のビビンとはかき混ぜるということ、とにかくぐっちゃぐちゃにかき混ぜるほどおいしいというので、ひたすら混ぜます。

bDSC03161

では、いただきますー。

か、、辛い!

私は、日本国内では、かなりの辛党。ココイチは30倍を食べる人間です。
その私が、かなり辛い思いをしました。

辛い、、けど美味しい!

写真に写っている白い千切りは、梨です。
梨のシャリシャリ感やフレッシュな野菜と、麺の辛さ、絶妙な味でした。

寒い!けど辛い!美味しい!辛い美味しい!

そこへ絶妙なのがこのスープです。

bIMG_0884

暖かい、肉のダシがきいた薄味のスープが、もうぴったりなんです!このスープに救われたというくらい。

美味しかったのは美味しかったのですが、量が非常に多く、食べても食べても減りません。
半分くらい残してしまいました。

7000ウォンでした。クレジットカードが問題なく使えます。

満足してお店を後に。

お腹がこなれましたが、まだコンサートまで時間があります。

タイトルとURLをコピーしました