城南アートセンター近くのおすすめホテル 『HOTEL SR』について

第4回 城南(ソンナム)市 二泊三日 一人旅

今回ホテルに選んだのは、盆唐線 書峴駅(ブンダン線 ソヒョン駅)徒歩8分くらいの『Hotel SR』

コンサートを二日連続で見るので、二泊とも同じホテルです。
一泊143000ウォンと少しお高め。二泊三日、日本円で合計31805円でした。

今回もBooking.comで予約しました。


ホテルSR

Hotel SRの外観

bDSC03182

大きく看板が出ているのですぐにわかると思います。

フロント

bDSC03149

一見、入りづらい黒いガラスの扉を開けて中に入ります。

bDSC03148

明けてすぐがフロントではなく、中に入って右に曲がった奥にあります。

フロント受付は、男性が2~3名いました。

日本語を話せるスタッフが一人いました。(時間帯によってはいないときもあります。)

日本人とみるやその人が話してくれるので、韓国語チャレンジがしたいのに日本語で話してしまいます(笑)

ホテルSRのお部屋

ゴールドを基調とした70年代を思わせる成金クラシカルなお部屋でした。

bDSC03133

エントランス

bDSC03138

一人で寝るのがもったいないダブルベッド(笑)ガウンもあります。

bDSC03139

大型テレビもあります。下の引き出しはなんと!開きません、ハリボテです(笑)

bDSC03140

ビジネス滞在でも使いやすそうな机と、パソコンもあります。

bDSC03141

応接セットもスペース十分、長期滞在でも快適そうです、住んでもいいです、引き出しが使えたら(笑)

写真には写しませんでしたが、小さいクローゼットもありました。

バスルーム

このホテルの最大の利点?は、広いジェットバスです。

bDSC03134

ゆったり旅(コンサート)の疲れをいやせます。(穴がつまっていて、1か所ジェットがでませんでしたが)

bDSC03143

写真が上手く撮れませんでしたが、バスルームも非常に広々としています。これはシャワールーム。

bDSC03145

純日本人の私にはこのお風呂システムがよくわからないのですが、体を洗って、いったんシャワー個室から出て、風呂に入ることになるようです。

bDSC03142

トイレもバスルームにあります。光っています(笑)ペーパーは流していいのかわかりませんが私は一応ゴミ箱に捨てました。

bDSC03136

ドレッサーも同じくバスルームに、素敵なのですが、難点は照明が暗くてお化粧が濃くなることです。

bDSC03146

電気ポット、コーヒー、お茶のサービスもあります。

黒い箱はアメニティセットが入っています。

bDSC03254

歯ブラシ、歯磨き粉、化粧品や整髪料などかなり充実していました。

お部屋のパソコン

bDSC03184

ディスプレイは少し古い小さいサイズでした。宿泊者ごとにリストア(初期化)して起動されるようです。

メッシュの袋は私の私物です、アダブタやコード類はここにいれています。

bDSC03185

パソコンはHP(ヒューレットパッカード)でした。机の下にビルトインされています。USBポートも使えます。

bDSC03186

起動させると、最初にランチャー(メニューボタン)が表示されますが、大人向けサイトや押すとアガッシが来ると思われるボタンがあって怖くて押せません(笑)
男性ビジネスマン向けなのでしょうね。。。

bDSC03187

Windows7が入っていて、言語設定はハングルですが、設定を日本語にして、日本語IMEをインストールすれば普通に便利に使えます。
画面が縦長になってしまっていたのですが、これも解像度を変えれば正常になります。

設定方法は需要がありそうなら別項目で書こうと思います。

bDSC03260

キーボードにはカバーがついていましたがめくって撮影。ハングルキーボードなので若干記号等の位置が日本語と違いますが、ローマ字入力なら問題ありません。
日本語との切り替えは「ウインドウズボタン(田)」+「スペースキー」です。

コンセント

bDSC03183

一見豪華そうなホテルですが、こういう裏部分がでろーんとなっているところが韓国はアジアだな、という感じです。

コンセントプラグはCとSEが使えるようですが、もってきたプラグが挿しても反応しないところ(電気の接触するところが奥深い?)もあり、充電などはバスルームのコンセントをつかったりなどしました。

ホテルを観察していたら、14時になりました。お腹がすいたので町に繰り出し、ご飯を探そうと思います。

タイトルとURLをコピーしました