12月、冬のソウルへの旅行準備

第3回 ソウル蚕室 一泊二日 初コンサート

初めての韓国旅行は韓流が浅く好きな女友達と、2回目である前回は私一人で、同じ忠武アートホールで開催されるミュージカルに行きました。

今回は、また同じ女友達と、初めて「歌手」のコンサートです。
女友達は、浅く「フィソン好きだよー歌いいよねー」程度に好きで、漠然と私と韓国旅行に行くということをしてみたいというモチベーションでした(笑)

二公演を選ぶか友達を選ぶか。。

ソウルの公演は土日、2日連続で開催されます。
ところが!女友達は学生、たまに土曜日にも授業があるかもしれないとのことなんです。

土曜の授業はないかもしれない、けれど10月の時点で12月のことはわからない。
単位が厳しい学科なので、欠席は許されない。
ただ月曜日は授業が午後4時から、なので月曜の午前に帰ってくるのならOK

ということ。

そこで私は選択に迫られます。

  • 友達を置いて一人で2日行く。
  • 友達と一緒に1日、日曜の公演だけ行く。

そして私は、友達を選びました。。

この期を逃したら、女友達は学校が忙しくなり、行けるときが当分なくなります。
浅いとはいえ、事実上唯一私の趣味を理解してくれる友達に、生フィソンの歌声を聴かせてやりたい。
一人ではじめてのところに行くのはやっぱり怖いので、付き添いが欲しい(笑)

韓国語の先生(若い女性)にそのことを話したら
「えー私だったら絶対2日行く、けんかになるよー」と言っていました(笑)

大韓航空公式サイトで航空券を原価で購入

前回はデルタのマイレージで二人分のチケットをひきかえましたが、今回は航空券を原価で買うことになります。

格安航空券のサイトも検索したのですが、燃油サーチャージやら、手数料を入れるとあまり変わらないような気がしました。
それよりも直販で買うという中継ぎのないシンプルさが何かあったとき安心できるのではと思いました。

大韓航空のサイトがリニューアルされて、綺麗になっていました。
こういうフラットデザインは使いにくい、見づらいになる傾向があるのですが、大韓航空のサイトはとても見やすかったです。

サイトにログインして、日時を選択します。

koreanair

このときは2万円台とまあまあお値打ちなんではないでしょうか?

今までの2回の旅、全てKE757便、朝一8時55分発の便に乗っていて、早朝出発、2日目はないに等しいスケジュールだったので、今度こそはゆっくり、、と思っていたのですが、

今回は、女友達が午後の授業に間に合うように帰ってこなければなりません。

なのでまたまたKE757です涙
6時55分までに仁川に着かなければなりません・・・

次の画面で条件の確認

koreanair2

マイレージ加算は70%の便だそうです。

koreanair3

規定を確認。

koreanair4

料金は諸費用全て混みで表示されるので明快です。

koreanair5
二人目の名前を入力、パスポートと一字でも違うと面倒なので、慎重に確認します。

koreanair6
払い戻しなどの料金が表示されます。これは後からでも確認できます。

そして重要なのは

koreanair7

この航空券を買った時に使ったクレジットカードを、必ず空港のチェックインの時に持っていって、パスポートと一緒に見せる必要があるということです。
これがなければ、航空券は取り消されますので、必ず忘れずに持っていかなければいけません。

また弾丸旅行となってしまいましたが、航空券は無事にとることができました。

オリンピック公園 SKハンドボール競技場付近のホテルを予約

今回の開場はオリンピック公園のSKハンドボール競技場です。

olympicpark

↓コネストの地図はこちら

ストリートビューはたぶんこれ

江南(カンナム)の蚕室というところにあるそうです。
ロッテワールドの近くです。

地図をみた感じ、とにかく公園が広くて、周囲すぐ近くにはあまり何もないなあという印象でした。

近くにはロッテワールドがあります。
ロッテワールドホテルにゴージャスに宿泊するのもアリかな?と思い、とりあえずいつもBooking.comで予約です。


Booking.com

» ロッテホテルワールドはこちら

ですが、地図を見る限り、歩いていくにはかなり遠そう。。
30分はかかりそうです。
ご飯を食べるところもショッピングも、会場のオリンピック公演の近くには地図を見る限り豊富ではなさそう。

行ったことのある東大門の近辺のように便利ではありません。
コンサートは12月、ソウルは極寒です。

安そうなホテルは、、なんだかどうみてもラブホです。。

motels

さすがに・・・まだ初心者には・・・

ストリートビュー

もっと近くはないかと探したホテルが、オリンピックパークテルでした。

オリンピックパークテルの空き状況はこちら

ストリートビュー

写真をみるに、とってもきれいそうです!

位置関係はこんな感じ
lotte

オリンピック公園敷地内とはいえ、会場のSKハンドボール競技場へは結構距離がありそうですが、公園の中をお散歩気分で歩けそうですし、迷うこともなさそうでよさげです。

この時の予約金額が1泊、一部屋ツインルームで
ロッテホテルワールドが、427856ウォン。(約4万5千円)
オリンピックパークテルが、298000ウォン(約3万1千円)
差額は129856ウォン、約1万3500円です。

パークテルも決して安いホテルではありませんが、二人ワリカンでこのくらい綺麗なところに泊まれれば十分ゴージャスだと思いました。

極寒のソウル、マイナス2桁の服装

今回初めて、冬のソウルに行くことになり、気候を調べたところ、12月~1月のソウルは、寒いときにはマイナス10度以下、日中の最高気温も0度を上回らないほどだそうです。
寒さが苦手で寒いところに寒い時期にほとんど行ったことがなく、せいぜい最低気温が-2度、0度以上にならない日は体験したことがないので、これは恐怖にも近かったです。

どうやってソウルの人は生きているんだろう?そんなに寒いのになぜ首都なのか?生きていられるの?道に迷ったら死ぬんじゃ。。。?と疑問に思うほどでした(笑)

そこで用意した服装が

  • ニットキャップ
  • 耳あて
  • 手袋
  • コート(フード、中綿付き)
  • ダウンベスト
  • ニットタートルセーター
  • ヒートテックインナー
  • 防寒ズボン
  • ブーツ(暖かい中敷きをイン)

でした。マフラーも考えましたが、邪魔になるのでやめました。

女友達は、フード付きのダウンロングコートでした。

とにかく大げさなくらいに着こみましたが、中に着るダウンベストを暑ければ脱げるように調節しました。
おしゃれとは程遠い恰好になりましたが凍え死ぬよりはマシです(笑)

買い足したのは、折りたためる耳当てと、ブーツの中敷きです。
とくに足が冷えると思ったので。中敷きは買って正解でした。

服装の感じは後述する旅行記のほうで写真等ご覧いただけます。

準備完了!

チケット。航空券。ホテルの三点セットがそろい、服装も決めて準備万端です。
用意している間に、10月もう一度ミュージカルに行く予定もあり、次から次へと次の予定が入っている幸せを満喫していました。

1~2か月後にまた韓国に行ける!そういう気持ちで毎日を過ごせるのってなんて幸せなのでしょうか。

また10月からコンサートツアーもはじまり、ファン掲示板等では続々レポートや写真、動画をみることができました。
これを、もうすぐ自分が見ることができるなんて、まさにもうすぐ夢が叶うという状態、もしかしたらこのカウントダウンをしている間が一番幸せなのかもしれません。。

タイトルとURLをコピーしました