ホテルにそそくさと帰り、翌朝早くにリムジンバスで出発

第3回 ソウル蚕室 一泊二日 初コンサート

オリンピックパークテルに戻り

お店からホテルまで、タクシーでドアツードアなので寒い思いもすることなくすんなりと帰ることができました。
タクシーのときは小銭があるともたつかず楽ですね。

オリンピックパークテルには、日本の修学旅行の高校生も宿泊しているようで、看板が出ていました。
でももう12時近くになっていたのでホールにほとんど人はいませんでした。

フロントの前を通らずにエレベーターに乗るつくりになっています。

部屋の階に降り立って何故か廊下を撮影(笑)

bDSC02956

部屋も撮影しないでなぜこれなのか・・・という感じですが、夜のホテルの廊下ってなんだか怖いですよね。
映画のシャイニングを思い出させます。

廊下にはWIFIの中継機がありますね。ホテル内はどこでも調子よくWIFIが通じていました。

就寝は1時頃

部屋からの夜景は繁華街が見えるわけではないので百万ドルというわけではないですが、夜は夜で風情があります。

とても広くて静かでくつろぎやすいです。

お風呂のアメニティもガウンも完備されています。

若干、シャワーの出が悪いのが難でしたね。

女友達はすぐ眠れるタイプなので即時就寝。

私はちらちらとファンサイトをネトサしながら。

朝5時までにリムジンバスに乗りたいので、4時半起床にアラームをセット、思ったよりすんなり眠れました。

4時半起床でチェックアウト

短時間でも深く眠れたようで、さっぱりと起きることが出来ました。

8月の旅のときは徹夜して、やばい人のようにギンギンでしたが、とてもさわやかな気分。

前の晩のうちに荷造りはしてあったので、顔だけ洗って即部屋を出ます。

化粧はしないでマスクだけ。

早朝でもフロントには人がいます。

追加料金精算などはないので「チェックアウトえよ」といって鍵だけ出せば終わりです。

空港リムジンの場所を確認

ただ、リムジンバスの場所が正確にわからなかったので、

「こんはんぽすぬん、おでぃそたみょん でよ?(空港バスはどこで乗ればいいですか?)」と聞くと

この紙をくれました。

bDSC04801

ホテルの前の道を渡ってセブンイレブンの側に行き、その先のバス停で乗るということを、言葉でも説明しれくれました。(このときは韓国語)

バス停を確認しておいてよかった!

聞かなければ反対側で待っていたかもしれません。

bDSC02958

ピンボケですみません、暗い中をバス停に向かって歩きます。

距離は遠くはないですが、場所がわからないとかなり不安になったと思います。

交差点をわたって、セブンイレブンがあると地図にはありましたが、工事中でありませんでした。

それでも地図のおかげでバス停の場所はすぐわかりました。

bDSC02960

空港リムジン6006 オリンピックパークテルに前のバス停の時刻表です。日本語でも書いてあります。

写真をとってるとすぐにバスが到着しました。

私達は4:35頃のバスに乗りました。

タイトルとURLをコピーしました