インターパーク チケットオンライン予約の座席移動

旅行記

インターパークグローバルは簡単に予約できるので本当に危険です(笑)

zorro

以下、今回の席移動の紆余曲折を記載しておきます。

座席移動の注意事項

インターパークチケットの座席移動というのは、実際に席が移動できるのではなく、新たに席をとって、いらなくなったチケットをキャンセルするという手順になります。
韓国のチケットはキャンセルがしやすく、キャンセルした時期によってはキャンセル手数料がかからなかったり、ごく少額だったりするため、気軽にチケットをとっては、良い席が出ればそちらにうつるということができます。

ただし、あまり移動していると手数料がばかにならなかったり、1ヶ月に移動できる回数が4回までということもあります(回数については自分は未経験なので詳細は未確認です)ので、注意してください。

チケットその1

9月13日、最初に予約した座席は、
昼の部 3列目
夜の部 7列目

130,000ウォン+2000ウォン(手数料)×2=300,000ウォン
日本円で27,802円(レート1円9.5ウォン)

でした

チケットその2

前回、席の移動で生きた心地がしなかったにもかかわらず、買ってから見なければいいのに毎日チェックしていました。

翌日9月14日に、
昼の部でさらに良席が出たので移動、
132,000ウォン(手数料込)日本円で13,959円
(レート9.46ウォン)

そして前日の分をキャンセルしました。

キャンセル料は無料ですが、手数料2000ウォンは帰ってこないので
130,000ウォンが返金されました。
日本円で13,877円(レート1円9.37ウォン)

少しウォン安になったので24円の損で済みました。

チケットその3

10月3日、
10月に入り、もう、そろそろ落ち着いたかなと思ったところへ
昼の2列目が出ました。

auto-94I856

移動するしかありません。

132,000ウォン(手数料込)日本円で13,959円
(レート9.56ウォン)

ちょっと様子を見ながら3日後、10月6日にキャンセル
130,000ウォンが返金、13,969円(レート9.46)
さらにキャンセル料が8000ウォン、838円(レート9.55円)とられました。

よって1155円も損になりました。
仕方ないですね、、もうこのくらいのキャンセル料はマヒしています。

チケットその4

10月24日
よせばいいのに、明日はいよいよ韓国に旅立つという前日、チェックしてしまったんです。
するとなんと、1列目が出たんです。
もうこれは買うしかありません。

132,000ウォン(手数料込)日本円で13,846円
(レート9.53ウォン)

前日は、もうキャンセルが出来ないんです。
ですので”チケットその3”の分はどうすることもできませんでした。

今回のチケット取得にかかった合計金額

結局、すべて含めて42733円がかかりました。
私の手元には3枚のチケットがあるので、1枚あたりにすると14,244円
ですが1枚は完全に捨てチケットなので、1公演あたり21,367円となりました。

これが高いか安いか、、

安くはないですが、1列目の迫力はやっぱりすごかったですし、1メートル以内でじっくり見れたり、目があって反応してもらえたり一生忘れられない思い出ができたので、それが1公演2万ちょいなら安いものです。

日本である程度の公演のVIP席で10万とかありましたからね。
まあ旅費も含めて10万近くはかかりましたが…後悔は全くしてないです!

今後はファンカフェなどを利用して余ったチケットを売れるスキルを身につけたいです。

チケット取得の反省とポイント

  • 最後の最後まで席は空く
  • 一人だと身軽に移動できる
  • ちょいちょい手数料がバカにならないが、良い席の為には気にしても仕方ない
  • レートは返金されるときは買う時より悪くなる
  • ミュージカルは席にこだわらないなら、どこかはとれる
  • クレジットカードは手元に携えて即入力できるように
タイトルとURLをコピーしました