大韓航空で帰国

旅行記

チェックイン後

搭乗口の中に入っても、お店がいっぱいあるので退屈することはありません。

私はヘッドホンの聞き比べなどをして遊びました。
今回は、前回と違ってちゃんと睡眠をとったので、ギラギラした不審者のような顔ではなかったと思います。

bDSC02784

ロッテ免税店キャンペーンボーイの、キムスヒョン君の人形です。
横からみると似てないんですが、前から見ると結構似ています。

一緒に写真撮る人いるんかなと思いながら、こんど誰かと一緒に来た時は撮ろうと思いました。

私の乗る飛行機ではないですが

大韓航空 イラスト飛行機

可愛いイラストの気体がありました。

仁川はさすがに大韓航空の青い機体がいっぱいです。
このブルーを見るだけで、韓国への憧憬があふれます。

歩き疲れたので少し離れたところで休憩。

bDSC02787

横になって寝るのも結構可能。

仁川空港チェックイン後のwifi

チェックインからずっと、空港内はどこでもWi-Fiは通じるようです。
認証も必要ありません。初めて使うときだけは、設定画面でWIFIを選択する必要があるかもしれません。鍵はついていません。

日本の空港のようにメールアドレスの登録とか、他のサービスの宣伝などはありません。
特別ブラウザを開いたりする必要もなく、ただ、何もしなくても、電波を拾いますからストレスなしです。

搭乗口のカフェ

免税店の先にあるコーヒーショップで、アイスコーヒーを頼みました。

「アイスコーヒーチュセヨ(ください)」
「あ~アイスアメリカ~ノ?」

またアイスアメリカーノって聞き返されました。
アイスコーヒーじゃなくて今度からアイスアメリカーノって言えばいいんですね。

こうして、時間になったら無事に機内に乗り込み、日本へ出発。

帰りも機内映画を満喫

帰りの飛行機でも、ミニドラマを見ました。

こんどは時代劇で「両班を返せ」というドラマでした。
これも、展開が面白かったです。ハングルを聞き、わからないところは英語の字幕で十分楽しめました。

次に飛行機に乗る時は、どんなドラマが上映されるのか楽しみです。

これで 21時間30分 の韓国滞在は、終わりました。

また普通の日常がはじまります。

が、この時点で、私は12月のコンサートに行くことが決定していたので、切なくはありませんでした。

韓国に行く予定が詰まっているって、幸せなんですね…。

タイトルとURLをコピーしました