新堂洞トッポギタウンで遅い昼食

旅行記

もう3時すぎ、私達は朝から何も食べていませんでした。
ホテルの周りは食べ物屋さんには事欠きません。
ですが、韓国の食事システムがよくわからない…。

とりあえず、近くにあるというトッポギタウンを探しました。

トッポギタウンを探して。。

忠武アートホールをでてすぐの交差点を渡ってまっすぐいけばすぐなのに、一本別の大通りをいってしまった私達。

かなり歩いてもたどり着けず。

こんな路地に入り込んだりして…。

トッポギタウン周辺の路地

大通りはすごく都会的なのに、一本入るとこういったうらぶれた感じの路地が多いです。
人々もなんとなく昭和な感じ。かなりノスタルジックです。

さ迷い歩いてようやく看板を見つけました。
ここはトッポギタウンの終点の看板だそうです。逆から入ってきてしまったのでした。

トッポギタウン終点

신당동 떡볶이타운(シンタンドン・トッポギタウン)と書いてあります。
ハングルはたどたどしいながらも読めるようになっていたので、わかりました。

韓国はハングルが読めるとそうとう捗ります!当たり前ですが…。勉強しておいてよかったと思う瞬間です。

トッポギタウン

午後4時近く、ヒマな時間帯なのか、外に座って客引きをしている店員が何人もいます。写真には写っていませんが、人がいるとカメラを向けられなかった小心者です。

ニコニコしたアジュンマ(おばさん)の手招きに招かれて、適当にお店に入りました。

トッポギ食堂のメニュー

トッポギ食堂メニュー

ハングルは読めるは読めるのですが、読めるのとわかるのは別物です。
しかも読むのはめちゃくちゃ遅いです。

店の中には、日本の雑誌に紹介されました!というような記事が貼ってありましたが、店員のアジュンマは誰一人日本語はわからなそうです。
英語ももちろんだめでしょう。

このメニューを即座に解読するのが無理だと悟った私は、一番上の

2인 떡복이, 라면…. 11000
(2人 トッポギ、ラーメン、、11000ウォン)
の部分だけ挿して。

「トッポギ、イインブン、チュセヨ(トッポギ、二人分、ください)」

はじめて、韓国語しかわからない韓国人に発した言葉でした。
(タクシーの運転手さんへの「チャルプッタカムニダ」は日本語がわかってる上でだから反則?です。)

実はチュセヨかトゥセヨか自信がなかったのですが。
トゥセヨだったら「お召し上がりください」だから超おかしいですね。

初の韓国料理 トッポギ鍋

頼んだらすぐにこれが出てきました。

トッポギ鍋

アジュンマがガスコンロに火をつけてくれます。

テーブルの上には、たくわんと、昔の歯医者みたいな真鍮のコップ。
小さなやかんに入ったお茶。

bDSC02532

このやかんがなんかいいんですよね。家でもマネしたくなりました。

そして、アジュンマが

「サービスえよ」
といって持ってきてくれたのがこれです。

ミリンダ

ミリンダと書いてあります、そうミリンダです。
なつかしい。今、日本では見ないですよね?昭和の味です。
美味しかったです。

なんでサービスしてくれたのかはわかりません~。

アジュンマとお話してみたかったけど、私にはまだ会話をつなげる能力がありませんでした。

やっとの思いで「カムサハムニダ」だけ。

店員の数人のアジュンマさんたちも、私達には言葉が通じないだろうなという感じで遠巻きに豆もやしの下ごしらえをしていました。

トッポギ鍋の食べ方

鍋がぐつぐついってきて、うわーこれどうすればいいんだ、と思い始めたころに、アジュンマがやってきて、かき混ぜてくれました。

トッポギ鍋をかきまぜるアジュンマ

アジュンマが「もう召し上がって大丈夫ですよ」的なことをいってくれました。

トッポギ鍋完成

完成です!

bDSC02535

具だくさんですごく食べごたえがあります。
お腹は空っぽのはずなのに食べきれませんでした。

これからミュージカルを見るという緊張で、胸がいっぱいで。

女性二人ではかなり量は多いと思います。

トッポギ鍋の辛さについて

見た目は辛そうですが、全く辛さは感じませんでした。
ただ、私は尋常じゃなく辛さに強いので、よくわかりません。
ノーマルな女友達も、普通に食べていたので、それほど辛くないのではないかと思います。

韓国の食堂のトイレ

そして、韓国に来て二言目に発した純粋韓国語は

「ファジャンシル・オディエヨ?」(トイレどこですか?)

でした。

韓国語は発音がなかなかに難しいのですが、普通にカタカナを読んだような発音でガッツリ通じました。

韓国のトイレは、トイレットペーパーを流してはいけなくて、横のごみ箱に捨てなければいけないのですが、うっかり忘れそうになりました。

(私がいままで行った国ではブラジルもそうでした。)

正直、韓国旅行中何度か流してしまったのですが、幸い流れない・詰まったということはありませんでした。危ないあぶない…。

トイレの写真はとらなかったのですが、食堂のトイレの入り口のところがまたなんだかすごい感じの雰囲気でした。

bDSC02538

写真では見えづらいですが洗濯物が干してあったりなんだかごちゃごちゃ。
吸い込まれそうな、タイムスリップしたような、なんとも不思議な空間でした。

トッポギタウンを後に

満腹で食べ終わり、食堂街を後にします。

bDSC02542

こちら有名店の「マボンニム・ハルモニ」です。次はここに入ってみたいと思います。

食べ終わっても、また他のお店の客引きの女性にニコニコ誘われました。
客引きといっても怪しい感じではなかったです。
空いてる時間なので、店の前で座りながら通りがかりの人にだめもとで声かけてるという感じでした。

「ナジュネ~(次に)」といいながらお腹いっぱいのジェスチャーと一緒に、笑顔で答えました。

bDSC02540

おもちゃ屋さんなのかぬいぐるみ屋さんなのか、ぬいぐるみが山と積んである店もありました。
韓国の微妙に可愛くないぬいぐるみが一つ欲しいと思っているのですが、このときはもう、ミュージカル前の緊張状態で、物色するどころではありませんでした。
とりあえずホテル帰ろうと…。

トッポギタウンの入り口の看板を抜けて、

消防署

消防署を左手に見てまっすぐいくとすぐに

bDSC02545

忠武アートホールのところに出てきます。
ここに通じてたんだ、、という感じで。

この近辺には化粧品店やらカフェやら面白いお店がいっぱいあって、全く退屈しなさそうです。

いつかまた心の余裕のあるときに、じっくり見たいと思いました。

タイトルとURLをコピーしました