ついに開演、ミュージカル「ゾロ」初演!

旅行記

日本語字幕について

日本人も結構行っているのでしょう、このミュージカルも日本語字幕があるという事前発表がありました。

ところがこの日、入口のところに「本日、日本語の字幕はありません」とありました。
舞台設定上の理由とか書いてあったと思いますが、準備が間に合わなかったんでしょうね。次の週から字幕はあるらしいです。
残念でしたが、字幕があっても読む余裕があるかどうかという感じです。

女友達「そうだと思ったよ、だって夢で見たもん」と言ってました(笑)

ミュージカル開演前の雰囲気

入場口でチケットを切ってもらっていよいよ会場内に入ります。

舞台は夜の森の中の風景で、ものすごく美しかったです。虫のさえずり等音でも夜の雰囲気を再現していました。

これから始まるという緊張感でもうくらくらしました。

会場は一切の撮影が禁止なので一枚も写真を撮っていません

携帯電話の電源をお切りくださいというアナウンスが流れていました。

ですが、韓国人と思われる観客は、会場をちょいちょい撮ってたり、普通にLINE(カカオ?)をしていました。

すぐに係員がやってきて上品に注意するのですが、さっと隠すだけで動じない感じ。
日本だとなかなかこういうことはないですよね。

私はビビリなので、とてもそんなことはできませんでした。

おいおい、開演中やらんでくれよ~と願うばかりでした。
周囲で係員が注意に来たりされたら気が散りますからね。

あと、関係ないのですが、自分の写真をスマホの待ち受けにしているひとがかなりいました。別段キメまくってる写真でもない普通の顔で、友達とのプリクラ風でもなく、完全に一人自分の顔でした。これも日本人では”無い”ですよね…。

自分大好き、自分に自信あるところ、見習いたいです(笑)

開演!ミュージカル「ゾロ」報道用動画

幸いなことに、オープニングは公開報道用(プレスコール)の動画があります。

[뮤지컬 조로] 휘성&소냐-Balla Me

私が見た日の舞台ではありませんが、開演からオープニングの踊りが全編収録されていますので、しばしご堪能ください^^

しかし舞台の美しさ、迫力、そして生身の人が目の前で演じるという、ミュージカルの素晴らしさは実際に目にしないと伝わりませんね…。

私はフィソンの登場シーンで気絶しました(笑)

マナー違反のスマホいじりをやっている人たちはいなかったような気がします。
開演したらオフという切り分けマナーはちゃんとしているようです。

ミュージカルのインターバルは20分

怒涛の一幕目が終わり、休憩時間です。
これはとにかくトイレ休憩です。
トイレに行く人たちは走るようにして向かっていました。

会場を出た横と、別の階にトイレがあります。
私たちの席は通路側だったので、とにかくさっと出て、ダッシュしました。
すでに列を作って人が並んでいました。

日本と同じように、入口で一列になり、開いた順番で一人ずつ入っていくというマナーの良さでした。

日本では当たり前のようですが、こういうことが習慣になっている国というのは少なくとも私の経験では珍しいと思いますよ。

トイレの中には、出演俳優の一人の写真が貼ってありました。
もし、フィソンがトイレに貼ってあったどうしよう困る~と思いながらあとで探しましたが(笑)、ありませんでした。どうやら、主演以外の写真だけだったようです。

トイレの数はそれほど多くなく、かなり列は長いので、20分の休憩でもたもたしてるとトイレに行きそびれたでしょう。即ダッシュで正解でした。

たくさん人がいる中で、どれが日本人なのかわかりませんでしたが、トイレで並んでいるときに日本語の会話が聞こえてきてその人たちが日本人だとわかりました。

フィソンの日本人ファンてどんな人たちなのかなーと思っていましたが、その人たちはかなりお嬢系の若い女の子たちでした。結構意外です(笑)

ミュージカルのファンなのかもしれませんが…。

ゾロ 2幕め、後半。ラストシーンのフル動画

2幕目も視線はフィソンしか見ていなくて、もう終わるんだという寂しい気持ちが先に立ち、ストーリーがほぼ追えませんでした。

私達の席は一階一桁目、中ほどで場所的にはあらゆる場所が見やすく、かつ、目線も見れてバッチリな位置でした。

バッチリすぎて意識が…(笑)

静かなシーンで、私はなんとあるモノを落としてしまったんです。
「カツーーーン!」という音が響き渡りました。

まずい!

頭が真っ白になりました。

終わってから女友達は「あれフィソン絶対聞いたよ!すごいじゃん!あんたが発した音をフィソンが聞いたんだよ!」等と言っていましたが…。

生きた心地がしませんでした、ごめんなさい、二度とこんなことはすまい、と今後は持ち物に厳重注意しようと思いました。

そして感動のラストシーンへ…。

こちらも幸い、動画があります。違法動画ではない公式報道なので安心してご覧ください。

[조로] 다함께 춤추자! 밤볼레오 'Bamboleo'

ちなみにこれに登場するのはフィソンではなく、別の主演者キム・ウヒョンさんです。

カーテンコールはダンス!ダンス!

イネスがエンティングのバンボレオを歌うと、客席総立ち。大拍手。

アンサンブル(脇役)のみなさんが客席に降りてきます。

私はダンスに誘われたのですが、いつフィソンが再登場するかわからなかったのでとてもそんな余裕はありませんでした…。

実際は、最後の最後に出てくるので踊りの場面は安心してはしゃいで大丈夫です。

一人ずつ助演が呼ばれ、最後に主演が登場です。
ぐるっと回転するセットからフィソンが登場したときは大歓声大悲鳴でした。

そして全員で踊って終わりです。
この日はインタビューなどはなく、そのまま幕が下りました…TT

幕が下りる最後のぎりぎりまで、フィソンは腰をかがめて笑顔で手を振って、客席を見続けてくれたのが救いでした。

素敵!素敵!素敵!としか言いようのない素晴らしい舞台でした。
フィソン初舞台で、緊張してたと思いますが、私はもっと緊張していましたし、短期間でここまで仕上げてくるのは全くもってすごいと思います。

本当に、その後の人生が変わるほどの衝撃を受けましたね。。。

写真撮影は、禁止でしたので、脳に焼き付けました、、衝撃すぎて記憶がかなり失われました(涙)

タイトルとURLをコピーしました